News

【センバツ出場校とプロ野球選手】九州代表4校からは7人の現役NPBプレーヤー!

2024.02.06


高校時代の今宮健太(明豊出身)、秦勝利(神村学園出身)

3月18日に開幕する第96回選抜高校野球大会(センバツ)に出場する32校が発表された。その出場校の多くのOBがこれまでドラフトで指名されているが、現役として活躍している選手を紹介したい。

九州地区からは明豊(大分)、神村学園(鹿児島)、熊本国府(熊本)、東海大福岡(福岡)の4校が出場する。そのうち明豊神村学園のOBに現役NPBプレーヤーがいる。

明豊OBの現役NPBプレーヤーでは、今宮 健太内野手(2009年ソフトバンク1位)と濱田 太貴外野手(2018年ヤクルト4位)のふたりが支配下でプレーしている。今宮は高卒3年目から1軍に定着し、昨シーズンまでに1480試合に出場。打撃タイトルの獲得はないものの、3度のベストナインに5度のゴールデングラブ賞を受賞。遊撃手のレギュラーとして2010年代のソフトバンクを支えてきた。

濱田は右の大砲候補として期待されている6年目の外野手。昨シーズンは自己最多の103試合に出場した。今シーズンはレギュラーをつかみ、2022年の6本塁打を超え、本塁打を2ケタに乗せたいところだ。

京本 真投手(2021年巨人育成7位)は、育成契約だが先発候補として期待をかけられている。昨シーズンは2軍で15試合に登板し、防御率2.36と結果を出した。3年目の今シーズンに支配下登録となるか。居谷 匠真捕手(2020年ソフトバンク育成6位)は昨シーズンオフに戦力外となり、今シーズンから、くふうハヤテベンチャーズ静岡でプレーする。

神村学園の現役OBでは、羽月 隆太郎内野手(2018年広島7位)、渡辺 陸捕手(2018年ソフトバンク育成1位)、泰 勝利投手(2021年楽天4位)、そして育成の桑原 秀侍投手(2020年ソフトバンク育成3位)と4人がNPBでプレーしている。

6年目となる羽月は、徐々に1軍での出場を増やしているものの、レギュラーを勝ち取ることはできていない。昨シーズンはキャリアハイとなる50試合に出場したものの、打率.149(47打数7安打)と苦しんだ。今シーズンは打撃面を強化し、1軍定着、そしてレギュラーを奪い取ることが目標となりそうだ。

強打の捕手として期待されている渡辺だが、今年は春季キャンプ開始後に肋骨の骨折が判明。第1クールで離脱することになった。まずは復帰を目指すことになる。

明豊出身の現役NPBプレーヤー>

今宮 健太(2009年ソフトバンク1位)
濱田 太貴(2018年ヤクルト4位)
居谷 匠真(2020年ソフトバンク育成6位)※現在はくふうハヤテ
京本 真(2021年巨人育成7位)

神村学園出身の現役NPBプレーヤー>

羽月 隆太郎(2018年広島7位)
渡辺 陸(2018年ソフトバンク育成1位)
桑原 秀侍(2020年ソフトバンク育成3位)
泰 勝利(2021年楽天4位)

<関連記事はこちら>
【センバツ出場32校決定】21世紀枠は別海、田辺!関東・東京6枠目は中央学院に!
投手は江川二世・小川(作新学院)!大阪桐蔭・ラマル、豊川・モイセエフの超高校級スラッガー!今年も逸材揃う!【センバツ注目選手リスト】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>