News

仙台大入学・堀米一宏(日立一)「プロ級の回転数」で伸びしろ無限大!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・コム注>

2024.02.04


堀米 一宏

近年、東北の大学野球を牽引している仙台大。2023年のドラフトで、中日ドラフト3位で辻本 倫太郎内野手(北海出身)を輩出。現役選手でも、侍ジャパンの代表候補の強化合宿に参加した佐藤幻瑛投手(柏木農出身)など実力者が揃う。先日発表した新入生も、高校時代に活躍した選手たちが集まった。

地元・宮城の仙台育英の主力だった齋藤陽外野手などが注目されるが、日立一で主力選手だった堀米 一宏投手にも注目してほしい。

茨城の実力校として知られていた日立一では二刀流で活躍。打っては通算4本塁打、投げては最速137キロをマークする実力者だった。

過去の取材でグラウンドに行った際には、180cm、85kgと恵まれた体格はひと際目立っていたのが印象的だった。スクワット160キロ、ベンチプレス82.5キロを持ちあげることができるパワーを生かして、実際にプレーでは力強さを感じさせる瞬間が随所に見られた。

バットを握れば、高校通算4本塁打を積み重ねた打撃で快音を連発。「長距離タイプのバッターだと思っています」と自負しているのも頷ける打撃だった。
本人いわく「村上宗隆大谷翔平のフォームを参考にしながら、右肩を入れすぎることなく、ヘッドを走らせる」ことを意識しているという。実際、左脇を大きく開けながらもスムーズにバットを振りだしていた。ヘッドスピードを意識しているのがよくわかるフォームで、村上を参考にしているのが、すぐに分かるバッティングだった。

投げては最速137キロと、今後の伸びしろが多く残っているが、特筆すべきは球質。計測機器・ラプソードによる回転数は2100~2300回転、回転効率は95~100%を記録していた。
プロ野球の平均が2200回転程度と言われているところ、堀米は既に同等の数値をマークしている。これだけも素晴らしい数字だが、回転効率は数値が高いほど純粋なバックスピンがかかっている証拠となる。いわゆる伸びる、ホップすると錯覚するような球筋になるのだ。

大学4年間でしっかりと練習を積めば、球速を伸ばせる可能性は十分ある。しかも、仙台大は積極的に普段の打撃練習から、ピッチャーがマウンドに上がって、バッターと対戦する。と同時にラプソードを使った計測をするなど、自身の現在地を逐一確認することができる環境にある。

周りには甲子園経験者など、大舞台を知っている同級生もいる。是非切磋琢磨して、チームの主力へ駆けあがってほしい。

堀米一宏(ほりごめ・かずひろ)
185センチ80キロ
左投げ左打ち
<経歴>
友部シニア―日立一
<実績>
1年生春:県大会2回戦・日立工に敗退
1年生夏:3回戦・水戸一の前に敗退。この試合に途中出場するも無安打
1年生秋:地区予選を突破したものの、3回戦・土浦日大の前に敗退
2年生春:準々決勝・土浦日大の前に敗退
2年生夏:4回戦・竜ヶ崎一に敗退。チームの主力として出場するも無安打
2年生秋:地区予選を突破したものの県大会初戦・霞ヶ浦に敗退
3年生春:地区予選を突破するも、県大会3回戦・つくば秀英に敗退
3年生夏:1番センターでスタメン出場して1安打。投げても2番手で登板するも2失点で初戦敗退

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード