News

キャンプは二軍スタートでも…ソフトバンク「次世代を担う10人」!

2024.02.02


前田悠伍とリチャード

2月1日から各球団が順次キャンプをスタート。首位奪還を目指すソフトバンクも、宮崎を拠点にキャンプを始めており、シーズンに向けて小久保新監督の第一歩を踏み出した。もちろん1軍にいる主力選手が、シーズン中も中心になることが期待されているが、2軍キャンプにも楽しみな選手が多い。

投手陣では2021年のドラ1・風間球打投手(明桜出身)。最速157キロをマークする剛速球を武器に、アジアウインターリーグ・ベースボールに2年連続で参加した。まだ実戦経験は少ないが、今シーズンでNPB3年目。これまでの2年は下準備、3年目は本格的に活躍するシーズンになることを願いたい。

小久保監督が注目していた剛腕・田上奏大投手(履正社出身)も2軍キャンプからスタート。小久保監督がファームで指揮を執った2年間、どちらも開幕投手を務めている。昨シーズンは1軍で11試合に登板したが、小久保監督が期待した若手右腕の台頭が楽しみだ。

もちろんルーキーたちも見逃せない。U-18で世界一となったドラ1・前田悠伍投手(大阪桐蔭出身)。魔球・スラーブを持つドラ2・岩井俊介投手(京都翔英出身)、そして明治大のエースとして活躍した村田賢一投手(春日部共栄出身)が2軍スタート。プロの世界に馴染みながら、1軍キャンプを虎視眈々と狙う。

野手陣にも次世代の主力候補が揃っている。
ウエスタンで4年連続の本塁打王獲得など、ファームでは自慢の打撃を発揮するリチャード内野手(沖縄尚学出身)が2軍にいる。

さらに2023年は5番打者で開幕スタメンだった正木智也外野手(慶應義塾出身)も2軍にいる。2019年に1軍デビューを果たし、2023年には1軍初ホームランを放った野村大樹内野手(早稲田実出身)も2軍から這い上がる。

他にも2022年のドラフト1位・イヒネ・イツア内野手(出身)が2軍スタート。オフシーズンは柳田悠岐外野手(広島商出身)と自主トレを実施。逞しくなった体つきに、ファンは期待を寄せたが、2軍から這い上がって、期待に応えられるか。

ルーキーでは慶應義塾大のスラッガー・広瀬隆太内野手(慶應義塾出身)が2軍スタートなど、投打にわたって楽しみな若手が揃っている。改めてホークスの選手層の厚さ、そして厳しい競争があることを実感させられた。まだキャンプは始まったばかりだが、何人の選手が1軍の切符を掴むか。これからもキャンプの動向から目が離せない。

<関連記事>
ソフトバンク1、2軍はこちら
ソフトバンク3軍、リハビリ組はこちら

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>