News

【センバツ出場32校紹介】経験豊かな髙尾ー只石バッテリー擁する広陵が03年以来の優勝を狙う

2024.01.29


2024年の春の訪れを告げる第96回選抜高校野球大会(センバツ)の出場校が決まった。3月18日から阪神甲子園球場で繰り広げられる戦いの「主役たち」を紹介していく。

【広陵(広島)=3年連続27度目】
過去、センバツでは優勝3回を誇る名門。昨年秋、広島を制すると、中国大会では史上初の3連覇を達成。22年秋から広島、中国大会で負けなしの強さを継続している。優勝を狙って臨んだ明治神宮大会は優勝した星稜(石川)に初戦で逆転負けを喫したが1点差の惜敗だった。投打にしっかりとした軸があり、今センバツでも優勝候補に挙げられる。

広陵の昨年秋の明治神宮大会1回戦のスタメンは以下の通り。

(中)濱本 遥大(2年)
(右)田村 夏芽(2年)
(一)土居 湊大(2年)
(捕)只石 貫太(2年)
(左)澤田 哉斗(2年)
(三)酒井 綾希人(2年)
(遊)白髪 零士(1年)
(二)池田 颯大(1年)
(投)髙尾 響(2年)

投手力では絶対的エース髙尾 響投手(2年)の存在が光る。1年春からマウンドに上がってきた経験と、147キロの直球に、スライダー、スプリットを低めに集める投球は大会No.1投手と言ってもいい。バッテリーを組む只石 貫太捕手(2年)とは1年の時からコンビを組んでいる。経験と打者との駆け引きには絶対の自信がある。成長著しい1年生の堀田 昂佑投手の成長ぶりにも注目だ。

打撃では4番に只石が座り、長打力がある3番・土居 湊大内野手(2年)に、出塁率が高く俊足の持ち主、田村 夏芽外野手(2年)が2番に座る。この3人が広陵の得点源になっている。

昨年のセンバツでは4強の成績を残した。狙うは、巨人で活躍した西村 健太朗投手を擁した2003年以来の優勝。経験豊富な髙尾ー只石の強力バッテリーで白星街道を突き進む。

<広陵の甲子園実績>
センバツ出場27度目=42勝23敗(優勝)
夏選手権出場24度=35勝24敗(準優勝)
(※カッコ内は過去最高成績、20年センバツは大会中止)

<広陵の昨年秋の成績>
★広島大会
1回戦 11-1 広島工
2回戦 7-6 呉港
準々決勝 7-1 海田
準決勝 5-3 尾道
決勝 4-3 広島新庄
★中国大会
1回戦 6-3 岡山学芸館(岡山)
準々決勝 4-0 下関国際(山口)
準決勝 8-4 宇部鴻城(山口)
決勝 2-1 創志学園(岡山)
★明治神宮大会
1回戦 6-7 星稜(石川)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>