News

21世紀枠出場・田辺(和歌山)「選ばれるのは難しいと思っていた」監督の涙

2024.01.27


第96回選抜高等学校野球大会の出場32校が決定し、21世紀枠では和歌山県の田辺が選出された。

校長室で選考結果を見届けた田中 格監督の目には光るものがあった。

「夢のようです。全国各地から素晴らしいチームが選出されていたので、選ばれるのは難しいかなと思っていました。その中で田辺高校の名前が出たので、涙が止まらなかったですね」

田辺は旧制の田辺中時代に1947年と48年のセンバツに出場。夏は95年に1度だけ甲子園に出場したことがある。

OBの田中監督率いる今年のチームは、選手18人ながら秋の県大会では市立和歌山智辯和歌山を破って52年ぶりに近畿大会出場。近畿大会では初戦敗退に終わるも4強入りした京都国際と延長戦にもつれ込む熱戦を演じた。

教育相談を担った経験のある田中監督がスクールカウンセラーと連携し、イップスを克服するサポートをしたり、対人関係の相談に乗ったりするなど対話を重視。精神的にも1人1人を細やかにフォローする点が、これからの時代のあり方として評価されたことが選出につながった。

また、8年ほど前から小学生向けの野球教室を行うなど、地域の野球振興にも一役買っている。主将の山本 結翔内野手(2年)も小学生時代に参加した子どもの1人だ。「紀南地域の野球人口が減ってきていますが、この活動をすることで高校まで野球を続けてくれている人がいるので、嬉しく思います」と喜ぶ。

和歌山県南部では屈指の進学校であり、昨年度は京都大や大阪大に合格する生徒がいた。前主将の脇坂 颯大(3年)は名古屋大志望。「後輩はまじめな子が多くて、先輩として教育する時もそんなに苦労しなかったです。甲子園という舞台を楽しんでもらいたいです」と後輩にエールを送る。

内角を強気に突く投球を見せる、最速139キロ右腕の寺西 邦右投手(2年)や、市立和歌山戦と智辯和歌山戦で本塁打を放った4番の山本 陣世内野手(2年)など、21世紀枠でも実力は一般枠のチームと遜色ない。「一番の目標は優勝です」と山本結主将は堂々と宣言する。「平常心で戦える」と田中監督が評するチームは甲子園でも強さを発揮するはずだ。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード