News

【広島春季キャンプ】 ドライチ・常廣はキャンプ2軍スタート! 22年ドライチ斉藤、人的補償・日高の高卒2年目コンビが一軍入り!

2024.01.27


苫小牧中央・斉藤優汰

25日、広島がキャンプの1、2軍のメンバーを発表。注目されたドラフト1位・常廣羽也斗投手(大分舞鶴出身)は2軍、ルーキーではドラフト2位・高太一投手(広陵出身)ら3人が1軍キャンプに招集となった。

その他だと、オリックスから加入した日高暖己投手(富島出身)、さらに2022年のドラ1・斉藤優汰投手(苫小牧中央出身)が1軍キャンプメンバーに招集されたのは注目ポイントだ。

斉藤といえば、秋の侍ジャパンとの練習試合で2回無失点の好投。ファームでも結果を残すなど飛躍の兆しを見せていた。2年目の2024年はいよいよドラ1の片鱗を1軍の舞台で見せるか。その動向が気になるが、同じくドラ1指名を受けた先輩たちが、多く1軍キャンプに集まった。

過去10年で8人が、今回の1軍キャンプにいる。
投手だと2013年のドラ1で大黒柱・大瀬良大地投手(長崎日大出身)、2019年のドラ1でチーム若きエース・森下暢仁投手(大分商出身)。さらに絶対的守護神・栗林良吏投手(愛知黎明出身)も1軍キャンプだが、NPB3年間で86セーブまで積み上げている。100セーブの節目が見えており、キャンプでシーズンへの準備を整え、節目の記録達成へマウンドに上がりたいところだろう。

野手だと、2014年のドラ1・野間峻祥外野手(村野工出身)、さらに2018年のドラ1・小園海斗内野手(報徳学園出身)が名を連ねた。特に小園は、昨シーズンに開催されたアジアプロ野球チャンピオンシップに招集。

U-15、U-18に続いて、侍ジャパンのトップチームデビューを果たした。これで3世代での代表入りとなり、注目度は一層増すだろう。2023年は2020年以来の100試合出場ができなかったが、今季は100試合以上の出場。そしてチームはもちろん、世代を代表するショートになれるか注目したい。

日南、そして沖縄の2回に分けて1軍はキャンプを実施する。無事に1軍キャンプ完走となるのか。

<過去10年のドラ1>
2013年:大瀬良大地
2014年:野間峻祥◎
2015年:岡田明丈
2016年:加藤拓也(現・矢崎 拓也)◎
2017年:中村奨成
2018年:小園海斗
2019年:森下暢仁
2020年:栗林良吏
2021年:黒原拓未◎
2022年:斉藤優汰
◎=1軍キャンプ

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?