News

センバツ21世紀枠は、創意工夫の別海とカウンセリングなどが評価された田辺が選出

2024.01.26


選出されて喜びを爆発させる田辺ナイン

2024年春の第96回選抜高校野球大会(センバツ)に出場する21世紀枠2校は、別海(北海道)と田辺(和歌山)に決まった。

別海の選出理由については、農業や漁業に従事する地元の支援を受け、農業用のビニールハウスを活用し、手作りの練習設備を利用するなど、高校野球の理念にふさわしい姿が評価された。

北海道大会初勝利から4強に勝ち上がり、北海道東部の、人口1万4000人あまりの地元を盛り上げていることが挙げられた。

2校目については、別海のほか8校のなかから、評価が高かった4校を中心に議論が進み、僅差で田辺が選出された。選考理由としては、教育相談を担った経験のある監督がスクールカウンセラーと連係し、イップスを克服するなどのサポートを行ったり、相談に乗るなど対話を重視。1人1人をフォローするという、これからの時代のあり方として評価されたことが挙げられた。

昨年秋の県大会では市立和歌山智辯和歌山を破った実力も評価され、「愛される野球部になろう」というモットーのもと、野球教室で地域貢献に務めていることも評価された。

別海は春夏通じて甲子園には初出場。人口の約8倍の牛が飼われている別海町からの出場は、センバツ歴代出場校のなかで最東端の選出となった。

田辺は76年ぶり3度目のセンバツ出場となる。前回、1948年の第20回大会では1勝を挙げて8強まで進んだ。伝統校復活の勢いを今センバツでも見せるつもりだ。

補欠の1校目は鶴丸、2校目は仙台一。ともに全国屈指の進学校だが、僅差で田辺に敗れ、選出とはならなかった。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード