News

丸佳浩(巨人)「通算300号」が迫るも、高いハードル! 【プロ野球大記録に挑む選手たち⑪】

2024.01.22


丸 佳浩

野球の世界では、海の向こう、メジャーで日本人選手の活躍が期待される24年シーズンだが、日本でプレーする選手にだって注目の話題はある。2024年のシーズンで、さまざまな通算記録がかかるベテラン選手に注目してみた。

プロ17年目を迎える巨人の丸 佳浩外野手(千葉経大附出身)が、300本塁打にあと31本としている。ここまで積み上げてきた本塁打数は269本。キャリアハイは2018年広島時代の39本で、31本以上を放ったのはこのシーズンだけしかなく、300本塁打の今季中の達成は楽ではない。むしろ、近年の実績からすれば、厳しいと言わざるを得ない。

23年のシーズンは散々な結果に終わった。43得点、94安打、打率.244、18本塁打、47打点。この数字は、巨人に移籍して5年間のワースト記録となった。

【丸の巨人移籍後の5シーズンの成績】
2019年 143試合 631打席 82得点 156安打 27本塁打 89打点 打率.292
2020年 120試合 491打席 63得点 120安打 27本塁打 77打点 打率.284
2021年 118試合 457打席 58得点 104安打 23本塁打 55打点 打率.265
2022年 143試合 607打席 81得点 143安打 27本塁打 65打点 打率.272
2023年 121試合 431打席 43得点 94安打 18本塁打 47打点 打率.244

2022年には、やや持ち直したとはいえ、昨シーズンが「巨人ワースト」となったと言っても過言ではない。

丸のシーズンキャリアハイは広島時代。打率.310は2014年、171安打は2017年で、39本塁打、97打点は2018年に記録している。しかし、巨人に移籍してからは数字が伸び悩むどころか、落ち込んできている。本塁打だけは、かろうじて2ケタを放っているのが意地の現れだろう。

今季はベテランの技を駆使して、一発に特化した打撃を習得することができれば300号に向けての希望の光りは見えてくるかもしれないが、人生2度目の30発以上を果たしてマークすることができるのか。今季から2年契約を結んだ丸にとって、24年シーズンは、今後の選手生活を大きく左右するシーズンになるかもしれない。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード