News

着実に「育成から支配下昇格」選手を生み出す広島 今年のキャンプは2名の”元育成”が一軍入り!

2024.01.20


高校時代の二俣翔一、中村貴浩

1月も半ばに入り自主トレが本格化してきた。なかでも育成選手たちは支配下登録を勝ち取るためにより一層、汗を流していることだろう。

昨年の育成ドラフト会議では史上最多の57人が指名を受けた。全選手にチャンスはあるものの支配下登録枠(70人)があるため、全員が支配下登録されることは現実的にありえない。そもそも、現在在籍している支配下登録選手のなかで、生え抜きの育成ドラフト出身者はどれくらい在籍しているのだろうか。

新井 貴浩新監督のもとで、昨シーズン2位と躍進した広島は、育成ドラフト出身の野手2人が1軍の出番を勝ち取った。大盛 穂外野手(飛龍高出身)と中村 貴浩外野手(九州国際大付出身)のふたりだ。

大盛は1年目のシーズンオフに支配下登録を勝ち取ると、2年目から安定的に1軍戦に出場してきた。レギュラー奪取はできていないものの、昨シーズンも59試合に出場。代打、代走、守備固めと起用法は多岐にわたり、外野3ポジションを守ることができるのも大きな強み。ベンチに欠かせない存在となっている。

中村はルーキーながら5月に支配下登録されると、支配下登録2日後に1軍初出場初スタメン。1年目はホームランこそでなかったものの、15試合の出場でプロ初安打を記録した。2年目の今シーズンは、西川 龍馬外野手(敦賀気比出身)がオリックスに移籍したことで、空いた外野のポジションを狙う。

持丸 泰輝捕手(旭川大高出身)と二俣 翔一内野手(磐田東出身)も、支配下登録を勝ち取っているが、昨シーズンの1軍出場はなかった。

投手では藤井 黎來投手(大曲工出身)が、支配下登録され通算20試合に登板している。しかし昨シーズンオフに戦力外通告を受け、今シーズンは再び育成契約としてスタートすることとなった。

近年は、ほぼ毎年の育成ドラフト会議から支配下登録選手が誕生している。今シーズンも新たに支配下登録を勝ち取る選手は現れるだろうか。

 

<広島の育成ドラフト出身の生え抜き支配下選手>
※2024年シーズン所属

大盛 穂飛龍→静岡産業大→2018年育成1位)
持丸 泰輝旭川大高→2019年育成1位)
二俣 翔一磐田東→2020年育成1位)
中村 貴浩九州国際大付→九州産業大→2022年育成2位)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?