News

今秋のドラフト目玉左腕・金丸夢斗(関西大)の実力は競合クラス。不安は投球過多か

2024.01.18


完封勝利を収めた金丸夢斗(関西大)

今年のドラフト1位候補に上がる左腕・金丸 夢斗投手(関西大)。1月6日の練習始動日には、多数のメディアが取材し、2球団のスカウトが挨拶も兼ねて、視察したという。

金丸は神港橘時代に最速142キロ左腕として注目され、最後の夏は独自大会(2020年)でベスト8入り。5回戦の甲南戦では17奪三振を記録した。

21年4月、関西大入学後も順調に成長を見せ、最速153キロの速球、多彩な変化球を織り交ぜる投球で、ここまでリーグ通算19勝、242奪三振、防御率1.07の圧倒的な成績を残している。特に奪三振率は11.73、K/BB9.68と、投球回を上回る奪三振ペースを出しながらも、四球を出さない投手なのだ。その金丸の投球を詳しく紹介したい。

まず注目なのはストレート。常時145キロ〜150キロ(最速153キロ)を計測し、回転数が高く、次々と三振を奪う。金丸が意識しているのは、力感なく投げること。昨年12月の大学日本代表候補の強化合宿で一緒にキャッチボールした富士大の左腕・佐藤 柳之介投手(東陵)は「軽く投げているんですけど、すごい伸びのある軌道に驚きました。ああいうボールを投げたいと思いました」と同世代の左腕にとっても目標にもなったようだ。

そのストレートは両サイドに投げ分けるだけではなく、高めのストレートでも三振を奪うことができる。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップの3球種が基本。スライダーは膝下に鋭く落ちて、決め球の1つになっている。

カーブもカウントが取れるだけではなく、球速が110キロ台とストレートと比べても球速差があるため、目先を変えたり、ストレートをより速く見せられる有効的な球種となっている。
チェンジアップも手元で大きく沈み、空振りを奪うことができる。

緩急を上手く使った投球だけではなく、横の変化も使えて、高めのストレートと膝下の変化球もしっかりと投げ込み、高低も使えてスキがないのだ。気になったのは、疲労の影響で、伸びのないストレートが真ん中に集まって、痛打されると飛ばされやすい球質だということ。体調が万全ならば、心配はないが、あとは自分の能力を維持できる基礎体力の向上が鍵だといえる。

リーグ戦の成績を見ると、文句なし。あとは全国の舞台でどれだけ実績を残せるか。大学日本代表入りは確実で、そこで実績を残せば、ドラフト1位指名で競合される存在になるのは間違いない。昨年、3球団競合となった西武1位の武内 夏暉投手(八幡南-國學院大)と比較しても、投球の引き出しは豊富だ。

金丸の心配な点は投球過多である。

この1年、全国大会出場、大学日本代表に選出されることになれば、投球回数は間違いなく増える。実際、肘の損傷があった中日1位の草加 勝投手(亜細亜大)はリーグ戦や大学日本代表での登板を合わせて、年間通して、142回を投げている。投げすぎによる怪我の因果関係は分からないが、気になるデータである。

怪我することなく、この1年間、凄い投球を披露し、今秋ドラフトの主役として盛り上げることを期待したい。

【経歴】
金丸 夢斗(かねまる・ゆめと)
177センチ77キロ
神港橘時代
1年秋からベンチ入り
2年夏は主にリリーフ投手として活躍し、4回戦進出
2年秋は滝川二、神戸弘陵に敗れ、地区予選敗退。
3年夏は独自大会 5回戦進出

21年関西大入学
1年秋からリーグ戦登板
2年秋に明治神宮大会に出場。2試合登板
リーグ通算成績 19勝2敗 185.2回 242奪三振 防御率1.07

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.30

【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!

2024.03.30

【熊本】開新が延長戦の末に熊本工に勝利し、ベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.30

【長崎】創成館、長崎総合科学大附などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【大分】大分商、柳ヶ浦、藤蔭、佐伯鶴城などが8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【徳島】徳島商が鳴門を破って8強入り<春季大会の結果>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.24

【春季東京大会一次予選】イチローが指導した都立新宿が都大会へ進出!レジェンドの言葉「やるのは自分たちだよ」を胸に刻んで

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】