News

【高校野球勢力地図・岐阜編】県立岐阜商、中京、大垣日大、岐阜第一が今年も四強! 食い込む帝京大可児、市立岐阜商

2024.01.18


森 厳徳(県立岐阜商)

高校野球では、今年から新基準の低反発のバットを使用するということになって、野球のスタイルにも多少の変化が生じるのではないかとも言われている。そんな、2024年の高校野球の岐阜県の勢力構図と見どころを展望してみた。

地元開催の秋季大会で苦戦、巻き返しを狙う

県立岐阜商大垣日大が2強。さらに、中京岐阜第一が加わって、4校が上位を争っていくというのは、もうここ何年かの岐阜県高校野球の勢力構図となっている。これらに、昨年夏に準決勝で県立岐阜商を下して決勝まで進出した市立岐阜商や、帝京大可児がどこまで食い下がれるのか、というところである。

この基本的な構図は、今季も変わらないのではないかと思われる。

昨秋の県大会では、準々決勝で夏の優勝校だった大垣日大中京に敗れ、岐阜第一が優勝して県立岐阜商が準優勝。3位は中京で、4位に食い込んだのが関商工だった。定番の3校が地元開催の東海地区大会に進出して期待も大きかったのだが、ベスト4を前に3校とも敗退。これには、岐阜県の高校野球関係者も残念な思いだったであろう。

岐阜第一は1年生主体のチームだったが、左腕エース・水野 匠登投手(1年)が東海大会で投げられなかったのが響いたのか、豊川に完敗した。永安 弘和捕手(1年)など潜在能力の高い選手も多い。一冬を越えて、水野が回復すれば、やはり中心的な存在になっていくだろう。

準優勝だった県立岐阜商は、エース森 厳徳投手(2年)が圧倒的な存在になっているが、それに続く投手として池田 諒真投手(2年)と関谷 大翔投手(2年)らをどこまで育てられるのか。この秋の東海大会で藤枝明誠(静岡)に敗れたこともバネにしたい。最終的には、鍛治舎 巧監督は夏を見据えて確実にチームを作り上げていくので期待も高い。

中京は、例年に比べるとやや粒が小さいという印象は否めない。しかし、新基準の低反発バットとなる今季からは、力に頼らないで機動力や堅実なバントなどを生かしていく形で、それが上手くハマっていくようだと面白い。守備からリズムを作って攻撃へつなげていくという野球で、やはり上位に食い込む存在となっていきそうだ。

大垣日大は、大ベテランの名将・阪口 慶三監督が勇退。高橋 正明コーチが監督に就任した。昨年春と夏の甲子園を経験した権田 結輝内野手(2年)と山内 伊織外野手(2年)、高川 莉玖内野手(2年)などが軸になっていくであろう。

この4強の中では、潜在能力としては県立岐阜商がややリードしているといったところだろうか。

四強を追う学校は?

これらに迫っていくのが、夏の準優勝の市立岐阜商と、同ベスト4の帝京大可児か。夏は意識の高い好チームの市立岐阜商だったが、ガラリとメンバーが入れ替わった秋は、準々決勝で岐阜第一に完敗。そこからの立て直しとなる。帝京大可児は昨年秋ベスト8を前に大垣日大に1点差負け。夏のメンバーからは山田 隆太投手(2年)と近藤 佑捕手(2年)のバッテリーに、中軸を打っていた山本 裕翔内野手(2年)とチームの核が残り、期待も高い。

秋ベスト4の関商工も、度胸よく小気味いい投球をする兜森 健心投手と、好リードの尾方 煌士郎捕手の1年生バッテリーは、十分伸びしろがある。11月に開催された県工業高校大会でも優勝している。

続く存在としては岐阜聖徳学園、西濃地区では安定している大垣商関商工を甲子園に導いた実績もある北川 英治監督が率いる岐阜、夏はベスト8まで進出して気を吐いた伝統校の長良や、大垣養老、さらには過去に実績のある美濃加茂岐阜工岐阜総合学園なども気になるところである。

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>