News

【高校野球ベストシーン’23・兵庫編】2戦連続で驚異の粘り、社の連覇の裏にあった最後まで諦めない姿勢

2024.01.12


社ナイン

2024年が幕を開けた。昨年、高校球界でもさまざまな印象的な出来事があった。都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

【選手権兵庫県大会決勝・vs.明石商
最後まで諦めない。高校野球のみならず、野球の常套文句のひとつだが、昨年の夏のナインの粘りは、驚異的だったと言わざるを得ない。兵庫大会準決勝、決勝と2試合連続でサヨナラ勝ち。奇跡とも思えるような試合展開もあり、まさに全員の粘りでつかんだ優勝だった。

準決勝の神戸国際大附戦。1対1のまま9回で決着がつかず延長タイブレークへ。10回表を無失点に切り抜け、攻撃へ勢いをつけた。ところが無死一、二塁からのバントが決まらず、強攻策に切り替えたが併殺で2死三塁とチャンスがつぶれかけた。しかし、西垣 琉空捕手(2年)の二塁ベース寄りの二塁ゴロを処理した二塁手の一塁送球がワンバウンドとなり、三塁走者がホームイン。最後まで諦めず全力疾走でヘッドスライディングした西垣の祈りが天に通じた。神戸国際大附の右腕エース、津嘉山 憲志郎投手(2年)は、マウンドでしばらく立ち尽くしたままだった。

決勝でも奇跡は起きた。1点リードで迎えた9回表に守備の乱れとスクイズで同点とされ、なおも1死二、三塁と大ピンチ。申告敬遠を選択して1死満塁とまさに絶体絶命の場面を迎えた。しかし、ここからが真骨頂を披露する。明石商の三塁線への絶妙なスクイズを2度も見送りファウルに。冷静な判断が功を奏し、その後一ゴロからの本塁併殺を完成させ、同点のまま9回裏を迎えた。

簡単に2死を取られたが、連打で2死一、二塁。その後に粘っての四球を選び、満塁のチャンスをつかんだ。藤井 竜之介内野手(3年)が投手方向へたたき付けた打球が、遊撃手のグラブをわずかにすり抜けて中前へ。歓喜の輪が本塁上で作られ、の2年連続2度目の夏甲子園出場が決まった。

準決勝も決勝も、逆境を見事にはね返しての勝利。味方がミスしても、続く選手がカバーすることで一丸となって戦ってきた。簡単にはあきらめない姿勢が歓喜を生んだ。

は22年夏、23年春に続いて3季連続で甲子園出場を果たした。秋からの新チームでも兵庫大会で3位に入り近畿大会に出場している(初戦敗退)。私立強豪校が多く、全国的にもレベルが高い兵庫県にあって、公立校として誇れる成績を収め続けている。

<全国高校野球選手権兵庫大会:社5-4明石商>◇2023年7月27日◇決勝◇ほっともっとフィールド神戸

明石商スタメン
(左)陰山 啓志(2年)
(捕)森 翔斗(3年)
(右)森岡 暖(3年)
(中)畑山 旭(3年)
(二)神野 吏輝(3年)
(三)木村 太燿(3年)
(一)西田 涼起(3年)※日本体育大進学予定
(遊)井川 雅久人(2年)
(投)横山 楓眞(3年)

スタメン
(中)山本 彪真(3年)
(二)隈 翼(3年)
(一)水谷 俊哉(3年)
(三)合田 華都(3年)
(捕)西垣 琉空(2年)
(右)年綱 皓(3年)
(投)高橋 大和(3年)
(遊)藤井 竜之介(3年)
(左)河関 楓太(3年)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.04

【熊本】文徳と専大熊本玉名がともに逆転勝ちで決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.04

【愛知】豊橋中央が優勝、国府と豊川工が県大会切符<春季東三河地区2次トーナメント>

2024.04.05

【佐賀】佐賀北が2季ぶり14度目の優勝<春季大会の結果>

2024.04.05

【岐阜】岐阜、海津明誠などが敗者復活から県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>