News

中日ドラ1・草加勝が背負う「14」の重み 新人王、沢村賞のOBが使っていた背番号にふさわしい活躍なるか

2024.01.07


亜細亜大・草加勝

各球団、新人合同自主トレに向けてルーキーたちが入寮し始めている中、中日も各選手が寮に集結。注目選手はいわゆる「出世部屋」になることが多いが、ドラフト1位・草加 勝投手(創志学園出身)にも「出世部屋」が渡された。

過去には石川 昂弥内野手、藤嶋 健人投手(ともに東邦出身)が使った、縁起のいい部屋に決定。また背番号からも球団の草加に対する期待値の高さが伺い知れる。

創志学園では2年生の時にチームが甲子園出場。当時は西 純矢投手(現阪神)の控えになっていたが、亜細亜大では最速153キロのストレートなどを駆使して4年間でリーグ13勝を記録。大学代表にも選出されるなど、大学球界を代表する投手へ成長して、中日からドラフト1位指名を受けた。

渡された番号は「14」。昨年は、日本ハムから移籍してきた谷元 圭介投手(稲生出身)が使っていたが、歴史を辿ると、チームの中心として活躍してきた選手が多い。

まずは今中 慎二。現役時代は最多勝や沢村賞など、数多くのタイトルを獲得した。大阪桐蔭からドラフト1位で入団し、1年目から1軍デビュー。いきなり1軍初勝利を掴むなど、1年目から活躍して、5年目にはシーズン17勝を記録。そこから5年連続2ケタ勝利を記録するなど、通算91勝を積み重ねてきたサウスポーだった。

また谷沢健一も、過去には14番を背負った。早稲田大からドラフト1位で入団すると、1年目から126試合に出場。107安打をマークして新人王を獲得すると、その後、首位打者を2度獲得。さらにはベストナイン5回獲得など、通算2062安打、通算打率.302の成績でチームの主力として活躍し続けた。

このほかにも板東英二、朝倉健太などが使ってきた「14」。この番号を2023年のドラ1・草加が背負う。寮の部屋だけではなく、背番号からも期待しているのが十分伝わる。この期待に応える活躍を1年目から見せることが出来るか。まずは新人合同自主トレでのパフォーマンスに注目したい。

<過去に中日で「14」を背負った選手>
前田喜代士
西沢道夫
高木茂
繁里栄
清水秀雄
児玉利一
日野美澄
前田益穂
板東英二
谷沢健一
神垣雅行
スパイクス
尾上旭
杉本正
蓬莱昭彦
今中慎二
平松一宏
朝倉健太
佐藤 優
谷元 圭介
草加 勝

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード