News

頑張る球児たちへ! 佐藤輝、今永、菅野、一流選手14人からの「お年玉メッセージ」!

2024.01.01


2024年が始まりました!
冬場の練習を頑張る球児のみなさんに向けて、『高校野球ドットコム』からお年玉を贈ります。
14人もの一流のプロ野球選手たちからみなさんに向けたメッセージをもらいました!
すべての球児にとって2024年が素晴らしい1年になりますように!

【球児たちへのメッセージ】
◆阪神タイガース・糸原健斗内野手(開星出身)
「冬場の練習はきついですが、それを乗り越えたら良い思いができると思います。ですので、しっかり頑張ってほしいです!」
◆阪神タイガース・大山悠輔内野手(つくば秀英出身)
「頑張ってください!」
◆阪神タイガース・佐藤輝明内野手(仁川学院出身)
「今やっている練習が、暖かくなった頃に成果として出てくると思いますので、しっかり練習して上手くなってください!」

バットを見つめる佐藤輝明

◆広島東洋カープ・會澤翼捕手(水戸短大附出身)
「冬場というのは一番伸びる時期だと思っています。ですので、厳しい練習を乗り越えて頑張ってください」
◆広島東洋カープ・坂倉 将吾捕手(日大三出身)
「今しかできない練習だったり、自分の課題だったり色々あると思いますけど、ケガだけには気を付けて、頑張ってやってもらえたらと思います!」

◆横浜DeNAベイスターズ・今永 昇太投手(北筑出身)
「選手というのはすぐ結果が出るもの、目先のことにとらわれてしまうと思います。ですが、今やっているトレーニングは3年後、5年後といった長期スパンを見据えたメニューだと思いますので、是非頑張ってください」
◆読売ジャイアンツ・菅野 智之投手(東海大相模出身)
「この時期はセンバツを決めている人もいますけど、多くは一番目標を見失いがちだと思います。冬場の練習は辛いと思いますが、目先の目標ではなくて、先にある夏の甲子園に出るためにやっていることだと思うんです。だから『冬に辛い思いをした選手が、夏に良い思いをできる』くらいの気持ちで頑張ってほしいです」

菅野智之投手

◆東京ヤクルトスワローズ・石川 雅規投手(秋田商出身)
「選手のなかには甲子園を目標にしたり、なかにはもっと上の目標にしたりすると思います。ただ高校野球は3年間とは言え、実質2年半なので、1日1日の積み重ねが大事です。目標に向かって1日1日を精いっぱい頑張ってほしいと思います」
◆東京ヤクルトスワローズ・石山泰稚投手(金足農出身)
「厳しい時期だと思いますが、しっかり基礎練習を頑張って乗り越えれば、次に繋がってくると思います。何とか耐えて頑張ってほしいです」
◆東京ヤクルトスワローズ・高橋 奎二投手(龍谷大平安出身)
「オフシーズン、冬場は身体を鍛える時期です。なので、そこを妥協せずに鍛えて、冬のトレーニングを越えてもらって、春、夏に向けて頑張ってください」
◆東京ヤクルトスワローズ・奥川 恭伸投手(星稜出身)
「高校球児もプロ野球選手も同じだと思いますが、冬場の取り組みが春や夏に成果となって出てくると思います。だから僕も一生懸命頑張りたいと思いますし、皆さんにも冬場の練習はきついと思いますが、頑張ってもらいたいです」

笑顔を見せる藤岡裕大ら千葉ロッテのメンバー

◆千葉ロッテマリーンズ・田村 龍弘捕手(光星学院出身)
「冬の練習に入って基礎体力などがメインの時期で大変ですが、春に向けて頑張ってもらいたいと思います」
◆千葉ロッテマリーンズ・藤岡 裕大内野手(岡山理大附出身)
「春以降、活躍してもらえたらと思います!」
◆北海道日本ハムファイターズ・宮西 尚生投手(市立尼崎出身)
「1日1日の練習を無駄にせずに、高みを目指して頑張ってください!」

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.04

【愛知】豊橋中央が優勝、国府と豊川工が県大会切符<春季東三河地区2次トーナメント>

2024.04.04

【熊本】文徳と専大熊本玉名がともに逆転勝ちで決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.05

【佐賀】佐賀北が2季ぶり14度目の優勝<春季大会の結果>

2024.04.05

【岐阜】岐阜、海津明誠などが敗者復活から県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.05

【愛媛】松山商が秋春連覇<春季大会の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード