News

昆野 太晴(白鴎大足利) 148キロ右腕の強みと課題を分析<2024年のヒーロー候補たち⑫>

2023.12.28


昆野 太晴(白鴎大足利)

今秋の栃木県大会で最速148キロをマークした速球派右腕・昆野 太晴投手(白鴎大足利)。投打ともに将来性が高く、プロのスカウトから注目されている。来夏までドラフト候補として注目を浴びる存在になるだろう。

やはり武器はストレート。栃木県大会では140キロ後半の速球で圧倒する投球だった。

しかし関東大会・中央学院戦(千葉)では、常時135キロ〜140キロと、マックス時と比べると物足りなさが残る。昆野は「調子は確かに良くなかったです。フォームの中でハマった感覚がなかったんです」と振り返る。

夏までの最速は142キロ。新チームからウエイト、スクワットの頻度を増やし、肉体改造に成功。そして投球フォームでも足の上げ方を変え、「腕だけで投げている感覚だったのを、下半身で力が溜まっている感覚で投げられるようになってから変わりました」と自分に合った感覚を身につけてきた。

昆野は試合前から強めにキャッチボールする頻度が多い。昆野は「自分にはスタミナがないので、キャッチボールを多めに投げてスタミナをつけることを意識しています」と語る。自分の課題を理解しているようだ。

昆野の投球を見て気になったのが、やはり角度があるとか、ホップするような軌道を持った投手ではないこと。打者に平面的に入っていくため、しっかりと腕を振ったボールを思い切り振り抜かれている。

打者にフルスイングをさせない投球術を身につけることも重要。まだ「投げたがり」な感じが見受けられる。

打者としてはとにかく思い切り良く振っていく姿勢が見られ、スイングスピードも速い。潜在能力の高さは感じられるが、投手と比べると技術的には粗い。

この秋は高校生としては一級品のスピードボールを投げ込めるまでに成長したが、それをコンスタントに投げられる技術、体力、スピードを身につけたい。ミート力が高い打者が揃う打線を抑えるためには必須だ。まだ高卒プロを目指すには課題は多い。ただ、1つずつその課題を潰していけば、来夏には別人のような投球を見せる可能性を持った投手である。このオフでどれだけ自分に向き合って、レベルアップができるか。来春には進化した姿を楽しみにしていきたい。

昆野 太晴投手
右投げ右打ち
仙台伊達リトルシニア出身
180センチ80キロ
【経歴】
2年夏では主に5番レフトで出場し、敗れた作新学院戦では4打数3安打の活躍。2年秋から投手に専念し、エースとして県大会準優勝を果たし、関東大会出場に導く。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?