News

女子4冠・神戸弘陵が和歌山大学と合同練習!「センバツ優勝を目指します」

2023.12.26


近畿学生野球連盟に所属する和歌山大硬式野球部と、2023年度女子高校野球で4冠(ユース大会、選抜大会、選手権、松本ローズカップ)を達成した神戸弘陵女子硬式野球部が24日、和歌山県内のグラウンドで合同練習を行った。

両校の合同練習は2022年の12月24日に続き2回目。昨年のこの合同練習をきっかけに、神戸弘陵は春の選抜大会で無失策&無失点で優勝。夏の選手権では史上初の3冠を達成し、石原康司監督は、「合同練習が効きました」と振り返る。

今回は、昨年実施した和歌山大のドリルを、2年生は再確認し、1年生は初めて直接学ぶ機会となった。

午前9時半頃に到着した神戸弘陵の選手たちを迎えた和歌山大の選手たち。まず両校の選手が2人1組となって2分間、今日の練習のテーマ・目標などを話し合った。

ウオーミングアップのあとは、和歌山大の学生コーチ・新蔵大雅さん(2年=川和)と主将の丸山 椰尋外野手(3年=熊野)が中心となって練習の音頭をとり、ゴロ捕球、握り替え、カットプレーなどのドリルメニューを、大学生と高校生が一緒に取り組んだ。

キャッチボールでは和歌山大の大原弘監督が「1球目から意味のあるものにしないといけない。最初は肩ができるまでと考えずに、例えば内野手ならバックトスをする。ファーストミットを持っている選手は捕球の仕方が大事」など、実戦を想定したアドバイスを送った。

内野のボール回しでは最後に「ドリームチームを作ろう」と提案し、両校がそれぞれ4つのベースに2~3人ずつベストと思われるメンバーを配置し、ボール回し10周のタイムを計った。改善点を出し合い、最初のボール回しと最後のボール回しでは約2秒縮める成果が出た。大原監督は「ボール回しは秒数コンテストではない。でもプレッシャーをかけて毎日続ける、試合で生きてくることがある」と選手たちに話した。

ランチタイムでは和歌山大の選手たちが7分間シートノックを受け、食事をしながら神戸弘陵の選手たちも目に焼き付けた。

午後からは神戸弘陵の選手が5イニング、実戦形式で練習をし、和歌山大の選手たちがポイントでアドバイスした。

練習後のミーティングで神戸弘陵主将の田垣 朔來羽捕手(2年)は、「細かいところなどを教えていただいたが、自分たちの意識の低さがまだまだあった。学んだことをこの冬に取り組んで、秋の悔しい思い(8月のユース大会準々決勝敗退)を胸に、春の選抜大会で優勝できるように頑張ります」と大学生の前で誓った。

神戸弘陵の石原監督は、「貴重な体験をさせてもらった。1日1日の積み重ねで、大きいことができる。去年の3年生は、これをもって帰って、自分流に理解をして、反復練習をしたことが春や夏に実った。(今年も)クリスマスイブにやらせてもらったが、クリスマスのイベントで終わると何もならないので、これをどう理解してやっていくか」と1、2年生へ向けて厳しい言葉も投げかけた。

この日の練習を糧にして春の東京ドーム、夏の甲子園での日本一達成を目標に取り組んでいく。

この記事の執筆者: 松倉 雄太

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!