News

天理・中村良二監督が退任 甲子園5度出場の元プロ監督が取り入れた「ベンチ入りメンバー投票制」

2023.11.24


天理の中村良二監督が、年内をもって退任することが24日に報じられた。
自身が選手時代には、主将として1986年の夏の甲子園で優勝。ドラフト2位で近鉄に指名され、NPBの世界に進んでからはリーグ優勝も経験した。2015年から天理の監督に就任すると、母校を春夏合わせて5回、甲子園に導いた。最高成績は2017年夏、そして2021年春のベスト4。また、NPBの世界にも達 孝太投手(現日本ハム)らを送り出している。実績、選手育成ともに結果を残した監督だった。

中村監督の行ったユニークな取り組みが、「ベンチ入りメンバーの投票制」だ。甲子園や近畿大会、神宮大会といった大舞台は、指導者で決めるが、県大会は選手たちが投票に寄り登録メンバー決めていた。天理のような全国区の強豪が行っているのは非常に珍しい。その理由について、中村監督は以前、このように語っていた。

「プレーをするのは選手です。しかし彼らはまだ高校生なので、われわれの見えないところで手を抜いたりします。自分に勝てない選手がいると思っています。でもベンチ入り20人全員が手を抜いてしまったら、試合に勝てないですし、甲子園にも行けません。甲子園に出て優勝するのであれば、自分たちで考えて練習しないといけません。『ベンチに入って活躍したいなら、それ相応のことをやりなさい』とは伝えるようにしています。
投票制は“それ相応のこと”をやらせるため。仲間から投票してもらえるように、普段から各自全力で練習にも取り組みます。自覚と責任をもってもらえるように、選手たちと接しています」

中村監督の今後は未定とのことだが、名将の残したレガシーが今後の強い天理を支えていくことだろう。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!