試合レポート

Honda熊本が初優勝に王手!「DeNA今永のフォームを真似して」片山が粘りの完封<社会人日本選手権>

2023.11.19


片山雄貴(Honda熊本)

<第48回社会人野球日本選手権大会:Honda熊本3-0西濃運輸>◇18日◇準決勝◇京セラドーム大阪

Honda熊本が西濃運輸を下して、33大会ぶりの決勝進出を決めた。

2回、押し出し死球で先制すると、なおも2死満塁から1番・山本 卓弥外野手(神村学園出身)の右前2点適時打で追加点を挙げる。この後は、西濃運輸の継投策の前に追加点を奪えなかったが、先発の片山 雄貴投手(福岡工大城東出身)が最後まで得点を許さなかった。

「ストレートで抑える形が(2回戦の)トヨタ自動車戦からできていたので、それを信じてやりつつも、昔の自分のスタイルである、変化球で打たせて取る投球をバッターを見ながら上手く変えて粘れたと思います」と140キロ台中盤の直球と得意球のフォークを軸に、3回以外は毎回走者を背負いながらも、粘り強い投球で要所を締める。

9回には1死満塁のピンチを招いたが、「常にピンチを凌ぐのが自分の持ち味」と、3番の野﨑 大地内野手(敬徳出身)からフォークで空振り三振を奪うと、最後は4番の小中 健蔵内野手(九産大九州出身)を一ゴロに打ち取った。

152球を投げて、8安打、5四球ながらも、8奪三振で完封勝利を収めた片山。「30歳の節目の大会で完封できたのは嬉しく思います」と喜んだ。

これまでは変化球の方に関心が高かったそうだが、駒澤大時代の同期であるDeNA・今永 昇太投手(北筑出身)の直球の投げ方をYouTubeで見て学び、リリースを見直すなどして、直球の質が向上。それが今大会の好投につながっている。

翌日の決勝でも「何回からでも行ける準備はします」と連投に意欲を示す。悲願の初優勝まであと1つだ。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!