News

吉田大吾(星稜)、神宮優勝の原動力となった攻守にハイレベルな遊撃手! OB北村拓己超えを狙え<2024年のヒーロー候補たち⑥>

2023.12.14


吉田 大吾(星稜)

32年ぶりの明治神宮大会優勝を決めた星稜。その原動力の1人がショートを守った吉田 大吾内野手(2年)ではないだろうか。神宮大会では4試合で、15打数6安打を記録し、うち3試合はマルチ安打だった。

吉田は3人兄弟の末っ子で、次男の吉田 慶剛捕手も今年の夏の甲子園に専大松戸の選手として出場した。父の吉田 祐司氏も竜ヶ崎一の主将として甲子園に出場しているなど、野球一家で育った吉田 大吾。取手シニア時代から評判の内野手だった。

まず打撃。スクエアスタンスで両膝を曲げて構える。投手の足の動きに合わせて始動を行い、ブレを小さくするために、すり足気味でステップして、踏み込む。

トップの動きを見ると、バックスイングを深く取らない。そのため、立ち遅れせず、インパクトを迎えることができている。腕っぷしの強さもあって、スイングスピード、打球速度は非凡なものがあり、角度が付けば本塁打も期待できる打者だ。

守備は一級品。両足を軽快に動かし、バウンドに合わせるのが上手く、捕球技術が高い。なめらかなステップから安定したスローイングをしており、見応えがあった。

まるで星稜OBで昨日の現役ドラフトで読売ジャイアンツから東京ヤクルトスワローズに移籍した北村 拓己内野手の高校時代を思い出させる選手。攻守の技術の高さ、フィジカルの強さを見れば、いずれプロを狙える予感がある。是非、来春には大きく成長し、活躍する姿を見せていきたい。

<名鑑情報>
吉田 大吾(よしだ・だいご)
右投げ右打ち
175センチ74キロ
取手シニア出身・高崎中出身

父 吉田 祐司氏 竜ヶ崎一出身 主将として二度甲子園出場
兄 吉田 慶剛捕手(専大松戸

1年秋から主力選手として出場 主に三塁を守る
2年春 3番ショートとして県大会優勝
2年夏 創成館戦では代打で出場
2年秋 県大会 16打数6安打
     北信越大会 15打数4安打
     神宮大会 15打数6安打
           46打数16安打 打率.347

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

中京大の新入生に愛知、東海地区を代表する好投手、好打者たちが続々入学! 大阪桐蔭や名門校出身者・甲子園出場組も

2024.04.11

神奈川大が新入生を発表!甲子園ベスト4の神村学園のエース右腕、健大高崎のセンター、横浜隼人の4番打者などが入部!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?