News

「ミスを怒らず、みんなで助け合う」全国大会が甲子園で開幕 小学生が全力プレーで大会を盛り上げる

2023.12.10


ホームランを打った打瀬ベイバスターズ(千葉)の森本大翔

9日、甲子園で「MIZUNO BASEBALL DREAM CUP Jr. Tournament2023 全国大会FINALラウンド」が開幕した。この大会はスポーツメーカー・ミズノが主催する少年軟式野球の大会だ。9日は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が決まった。

2021年から始まり、今年は3回目を迎えた。通常のトーナメント方式の大会とはコンセプトやいくつかの約束事が掲げられている。
【コンセプト】
「みんなで褒め合おう!みんな笑顔で楽しもう!『ミスを怒らず、みんなで助け合う』野球大会」
【約束事】
・元気いっぱいプレーしよう!
・気軽に参加しよう!体操服・運動靴でもOK
・みんなが主役!1人でも多くの選手が試合に出よう
・みんなでこの大会を盛り上げよう
・失敗した時こそ、励まし合おう

サヨナラ打を放った魚住フェニックス(兵庫)の森琥太郎

野球を楽しむために考えられた今大会。実現のため、リエントリー制度を採用している。1人でも試合に出場できるチャンスを作った。さらに、道具の貸し出しやユニフォームが統一されていなくても参加は可能。出来る限り多くのチームに、野球の魅力を感じてもらおうという試みだ。

こうした大会コンセプトに惹かれ、年々全国からの応募が増えている。2021年は656チームだったが、今回は917チームから申し込みがあった。ユニフォームが揃わないなど、野球値チームとして普段活動していないところからも「応募が増えています」と大会関係者は話す。大会に込めた思いが徐々に広がっている。

9日の準々決勝に参加チームからも、思いを汲んだような様々な声が寄せられた。
魚住フェニックス(兵庫)の森琥太郎くんは「ミスへの指摘をしないようになって、チームの雰囲気が良くなり、さらに野球が楽しくなった」と野球の楽しさを再確認。岡山庭瀬シャークスの伴隆希くんも、「声掛けがいつもより多くなったと思うし、もっと野球が好きになりました」と野球の魅力に引き込まれた。

ハイタッチをする岡山庭瀬シャークスの選手たち

選手だけではなく、監督からも大会に対して様々な声が聞こえた。
BC Glanz(埼玉)の金子敦志監督は「チームワークが特に成長したと思います」と選手たちの成長を語れば、椿ジャビッツの宗岡幹雄監督は「子どもたちの今後の人生で考えても、いいスタートが切れる1日だった」と語る。八代ジュニアスターズ・野村利昭監督からも「子どもには野球を少しでも続けて欲しいと思うので、そのためにも野球を好きになってもらいたい。ですのでこういった大事な大会だと思います」と選手たちの今後を考えても、いい機会だと感じている。

もちろん聖地・甲子園でプレーできていることに喜びを感じている選手たちもいる。打瀬ベイバスターズ(千葉)の森本大翔は「甲子園で2本もホームランが打てて嬉しい」と自身の活躍に満足している選手もいれば、金岡ベアーズ(大阪)・瀬尾龍希大は「いつもより盛り上がっていたので、楽しくプレーできました」と話す。約束事の1つである「みんなでこの大会を盛り上げよう」を体現するように、スタンドの保護者も一体となって盛り上がっていることに、気持ちを高ぶらせていた。

ヘッドスライディングなど全力プレーが見られた

だが何よりも、どのチームも最後まで諦めずに戦い抜いた姿が光った。BC Glanz(埼玉)は普段から協力し合うことを大事にしているというが、葛西勝也は「元気を出して雰囲気よく、チームが1つになって戦えた」と普段以上に良い雰囲気で戦えたようだ。

10日は準決勝、決勝、さらにエキシビションマッチが控える。準決勝第1試合は、延長タイブレークを制した魚住フェニックスと、12得点をマークした打瀬ベイバスターズ。第2試合は11得点を奪った八代ジュニアスターズと、0封勝利を飾った水戸市野球スポーツ少年団が対戦する。

【9日の試合結果】
魚住フェニックス 5-4 BC Glanz
打瀬ベイバスターズ 12-6 椿ジャビッツ
八代ジュニアスターズ 11-4 金岡ベアーズ
水戸市野球スポーツ少年団 9-0 岡山庭瀬シャークス

【10日の試合】
魚住フェニックス vs 打瀬ベイバスターズ
八代ジュニアスターズ vs 水戸市野球スポーツ少年団

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?