News

横浜で「渡辺元智監督最後の夏」を彩った強打者が現役生活に別れを告げる 中学時代は郡司(日本ハム)、高校では藤平(楽天)とプレー

2023.11.27


秋田県にかほ市を本拠地におくTDKが勇退者を発表。その中に三河 聖央内野手(横浜-国際武道大)の名前があった。

三河は横浜高校時代、名将・渡辺元智監督のラストサマー(2015年夏)にプレー。3番打者だった。小学校時代から注目された三河はロッテjrに選出。千葉市リトルシニア時代は選抜大会で優勝を経験。4番エースとしてチームを牽引する存在で同期には郡司 裕也捕手(仙台育英-慶應大-中日-日本ハム)とバッテリーを組んでいた。

横浜ではエース候補として期待されていたが、故障もあり最後の年は3番打者としてチームを牽引。

当時のスタメンには4番公家 響内野手(明治大-大阪ガス)、エースは藤平 尚真投手(楽天)と錚々たるメンバーの中で勝負強い打撃を発揮。最後の夏は惜しくも決勝で敗れた。

国際武道大では下級生からスタメンになり、2年生だった2017年の大学選手権では6番ファーストとしてチームを準優勝に導いた。

TDKでも昨年の都市对抗野球でベス卜8入りするなど、中学から社会人まで大舞台を経験した。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード