試合レポート

元DeNA倉本、9年ぶりに社会人の大舞台 で「2安打&魂のヘッスラ」の活躍!<社会人日本選手権>

2023.11.11


<第48回社会人野球日本選手権大会:信越硬式野球クラブ5-2日本新薬>◇10日◇1回戦◇京セラドーム大阪
昨年までDeNAでプレーしていた日本新薬の倉本 寿彦内野手(横浜高出身)が、古巣で9年ぶりに日本選手権に出場。2番二塁でスタメン出場すると、4打数2安打と結果を残し、守備でも再三の好守を見せた。
倉本らしさが発揮されたのが、2対2の同点で迎えた3回の第2打席。一塁方向にセーフティーバントを決めると、ヘッドスライディングで内野安打をもぎ取った。
「ああいう形でも出塁できる。若い選手も多いし、出たから強く振るとか、大きいのを打ちたいとか、そういう野球じゃなくて、チームとして勝つために何をするべきかということを僕は選択しただけ。みんなに響いてくれたらいいなとは思います」

プロの世界を8年経験した32歳は技量だけでなく、若手のお手本としてもチームに好影響をもたらしていると松村聡監督は評価する。
「彼なりに1年間よくチームを引っ張ってくれた。野球に対する姿勢であるとか、うちは若い選手が多いので、その辺は見ているんじゃないかと思います」

倉本と二遊間を組み、今年のドラフト候補に挙げられていた2年目の武田 登生内野手(中央学院出身)も「上の人がああいう姿勢を見せるとチームも乗っていくので、若手でどんどん引っ張っていけるようにやっていきたいです」と倉本のヘッドスライディングに刺激を受けていた。
しかし、倉本の奮闘もむなしくチームは初戦敗退。「個人個人がレベルアップしないといけない。その自覚さえあれば、もっと上に行けると思います。全国に出たから良いというチームではなくて、全国に出て勝つためにどうしたら良いかというチームに変わっていってほしいと思います」と後輩たちに奮起を促していた。
新たな舞台で躍動を続ける倉本と、それに刺激を受けて成長する選手たち。来年の日本新薬は楽しみなチームになりそうだ。
取材・文=馬場 遼

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード