Column

創部18年で初の甲子園へ! 熊本国府の快進撃を支える「待球戦術」「驚異の粘り」!

2023.11.03


創部18年目ながら、初となる九州大会決勝進出。熊本県内では上位進出が続きながら、あと一歩届いていなかった新鋭・熊本国府の勢いが止まらない。初戦・飯塚(福岡)に勝利して九州大会初勝利を飾ると、準々決勝・大分舞鶴(大分)には延長10回のタイブレークの末に7対6で勝利。初の甲子園出場へ大きく前進すると、準決勝では前評判が高かった神村学園(鹿児島)に快勝。大会を大いに盛り上げている。

神村学園を封じた左腕・植田凰暉投手(2年)、準々決勝・大分舞鶴戦でホームランを放った梅田 悠汰内野手(2年)といった逸材が多いが、球場にいて何より感じたのは「簡単にアウトにならないな」ということ。各打者の対応力が高く、粘り強いことだ。
九州大会3試合の記録を見てみると、10球以内で攻撃を終えたのは27イニング中5イニング。球数に換算してデータを見てみると、1イニングでおよそ17球を投げさせているという結果が出てくる。6イニングを投げ終えるころには、100球を超えてくる計算だ。
実際、神村学園との準決勝も、神村学園先発・今村 拓未投手(2年)に対して、4回だけで30球投げさせるなど、5回までで78球と粘り強く食らいつく。すると6回に、球数が100球に近づいてきたタイミングで、4番・中嶋 真人内野手(2年)の適時打が飛び出すなど一挙3得点で逆転に成功。さらに8回にもダメ押しの追加点を奪って、試合を決定づけた。

熊本県大会から逆転勝ちが多く、粘り強さはチームカラーである熊本国府大分舞鶴戦の後、岡本悠生外野手(2年)は「熊本県大会から全員がどんなに点差を付けられても、試合が終わるまで諦めないで戦ってきた」と逆転勝ちの秘訣を語っていた。その不屈の精神がバットに移り、この快進撃を支えてきたのではないか。ただではアウトにならない熊本国府。神宮大会へ、最後の壁は明豊(大分)だ。全国区の強豪相手に不屈の精神で粘り強く食らいつき、優勝を勝ち取ることが出来るか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!