試合レポート

【九州】好投手揃いの延岡学園 ポテンシャルなら九州上位!<秋季地区大会>

2023.11.01


<秋季九州大会:東海大福岡10-8延岡学園>◇31日◇準々決勝◇小郡球場
好投手を多く揃え、注目校の1つに数えられていた延岡学園(宮崎)。準々決勝·東海大福岡(福岡)の前に10失点と、課題を残す敗戦となってしまったが、登板した投手たちの能力は決して低くなかった。

試合には主力の3投手が登板。先発したサウスポー·南 龍成投手(2年)は最速140キロを超える速球に加えて、曲がりの大きいカーブスライダーが中心。小さくて、独特なテイクバックから、左腕を鋭く振り抜く投球モーションなので、タイミングがとりにくそうな印象があり、緩急をつけた投球がハマれば打たせて取ることができる投手だった。

2番手·藤川 敦也投手(1年)は1年生でありながら、投球フォームはキレイにまとまっている。力みを感じさせることなく、全身を使って投げているので、思った以上に球が来ている感覚があった。変化球もしっかり操れているので、ストレート一辺倒にならず、配球を組み立てることができる。投球術の引き出しも多く、今後の成長が楽しみな投手だった。そして最後に登板したエース·工藤 樹投手(2年)は出所がギリギリまで見えにくくして、最後は右腕を鋭く振り下ろす。4失点したものの、無駄のないフォームから勢いのある速球を投げ込んでおり、能力の高さは感じられた。

それぞれの持ち味は見えたものの、試合には敗れた。この敗戦を忘れず、春以降に成長した姿を見せてほしい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>