トーナメント表

【九州】ベスト4は神村学園、明豊、熊本国府、東海大福岡!選抜へ前進!<秋季地区大会>

2023.10.31


来年春のセンバツ選考の重要参考資料となる秋季九州地区高校野球大会は31日、準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

小郡球場では第1試合、熊本国府が延長10回の激闘の末、7対6で大分舞鶴を下した。9回終わって5対5で決着がつかずにタイブレークに入ると、10回表に1点を与えたものの、直後に5番・岡本 悠生外野手(2年)のタイムリーでサヨナラ勝ちを飾った。

第2試合では東海大福岡延岡学園に勝利。1対0で迎えた3回に東海大福岡が7番・井上 和翔捕手(2年)の適時打などで一挙5得点で試合の主導権を握ると、エース・佐藤 翔斗投手(2年)が粘り強い投球で延岡学園を抑えて、10対8で勝利した。

久留米球場では第1試合で神村学園日南学園を10対0の6回コールドで圧倒。2試合目に登場した明豊も、10対1で唐津商に勝利するなど、準決勝へ弾みを付けた。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【春季東京都大会】高橋の2ランで先制した関東一が、駒大高の追撃をかわして3回戦進出

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?