試合レポート

【関東】作新学院、打線爆発28安打で優勝! 山梨学院に昨春の雪辱果たす〈秋季大会〉

2023.10.30


〈第76回秋季関東地区野球大会: 作新学院13ー4山梨学院〉♢29日♢決勝♢栃木県総合運動公園野球場

神宮大会をかけた一戦、作新学院山梨学院の対決は13対4で作新学院が勝利を収めた。
試合は初回から両者得点を挙げる。作新学院は1回、1番・小森 一誠外野手(2年)が2塁打で出塁し、後続が進塁打で1死三塁のチャンスを作ると、3番・小川 亜怜外野手(1年)の中前適時打で1点を先制した。主将の小林は1打席目をこのように語る。「7年ぶりの神宮まであと1勝と言うところで、初回に何としても点を挙げ、先発の小池を楽にさせてあげたかったです」と3ボール1ストライクから甘く入ってきた直球を上手く打ち右線2塁となった。
山梨学院はその裏、1番・黒澤 后琉外野手(2年)が中前安打で出塁すると犠打と暴投などで1死一、三塁のチャンスを作り、4番・梅村 団内野手(1年)の犠飛で1点を返し同点。
3回、作新学院は2死三塁、4番・廣田 瑠稀哉外野手(2年)の中前適時打で勝ち越しに成功、さらに6回には2死一、二塁の場面で代打の粒良 大輝内野手(2年)が中前適時打を放ち3対1となる。山梨学院はその裏、4番・梅村の2塁打で1点を返し3対2。

後半に入ると作新学院の打線は6回までと明らかに違かった。初球でも甘い球は振り抜き、安打を重ねていった。小針監督も「7回から打者陣がしっかりと球を絞って振りにいっていましたね」と7回は7者連続安打を含む8安打で一挙6得点。8回も5安打などで3点、9回にも1得点と終わってみれば28安打13打点と、先発野手全員安打全員打点と力を見せ、今春センバツで大敗した山梨学院相手に大勝を飾った。

決勝打を放った4番・廣田は「決勝の前に3年生から『センバツの借りを返してくれ』と伝えられました。あの時の準々決勝での悔しさは僕たちもあったので神宮をかけた一戦で借りを返すことができてよかったです」と話した。
開催地の栃木県代表・作新学院の優勝で幕が降りた関東大会、小森は「7年ぶり優勝することができたのは、地元の方々の応援もあったからだと思っています。これで関東代表で神宮に挑みますが、恥じないプレーをし、もちろん優勝を狙います」と話した。

作新学院は、11月15日に行われる明治神宮大会に出場する。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?