試合レポート

【関東】作新学院7年ぶりに決勝進出 エース・小川が7回2失点の好投〈秋季関東大会〉

2023.10.29


〈第76回秋季関東地区野球大会:作新学院7 ー2常総学院〉♢28日♢準決勝♢栃木県総合運動公園野球場

作新学院常総学院の関東大会決勝をかけた戦いは、雨の影響で3時間ほど遅れて13時からの試合となった。
作新学院が序盤に5点と大きくリード、中盤にも2点を追加した。先発の小川 哲平投手(2年)が7回2失点と好投を見せて7年ぶりの関東大会決勝を決めた。
作新学院は5対0とリードしている6回、公式戦初の3番打者に抜擢された小川 亜怜外野手(1年)の公式戦初本塁打で2点を追加。「名門の3番を任されたので恥じないバッティングをしたかったです」と振り抜いた打球は右翼席に飛び込み、完璧な放物線を描いての本塁打だった。「打ったのはインコース高めです。エースの小川さんが常総打線をしっかりと押さえていたので、さらに追加点をあげたかったです」と話した。

先発の小川は4回と7回に1点ずつ取られるも、最小失点に切り抜き落ち着きのある投球であった。小川も「今日は落ち着いていたと思います。特に試合の入りがとても良く、雨の影響で試合が大幅に遅れましたがしっかりと調整ができました」と話した。
作新学院は13安打と打撃が好調だった。小針監督は「2回の攻撃が非常に良かったです。しっかりとストレートを振り抜けていたので打者の振りが素晴らしかった。しかし、5回以降得点に繋がらなかったので打つ球と打たない球の判断はもう少しはっきりさせた方がいい」と打撃に対して修正点を話した。
作新学院は29日に山梨学院と決勝を迎える。今日みたいに打撃陣が力を発揮できるのか、注目の一戦に期待がかかる。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード