試合レポート

【関東】山梨学院、またも延長戦制してベスト4!〈秋季大会〉

2023.10.24


〈第76回秋季関東地区野球大会:山梨学院4ー2桐光学園〉♢24日♢準々決勝♢栃木県総合運動公園野球場

山梨学院(山梨1位)と桐光学園(神奈川1位)とのベスト4をかけた戦いは、山梨学院が櫻田 隆誠投手(2年)、桐光学園が法橋 瑛良投手(2年)がマウンドを託される。しかし、9回までに決着がつかずタイブレークへ、初戦に続いて2試合連続でのタイブレークとなった山梨学院ではあったが、11回に勝ち越しに成功し接戦をモノにした。
試合は桐光学園が先制、2回と3回に1点ずつ取り序盤で2対0とリード。先発の法橋が山梨学院打線を7回まで無得点に抑えるなど、得点圏に走者を抱える場面もあったが粘り強い投球で切り抜けていた。しかし、法橋も8回に山梨学院打線に攻略され2点を失い2対2の同点になる。
試合は9回までに決着がつかずタイブレークへ、10回は互いの先発投手が踏ん張り無得点に終わる。山梨学院は11回表、1死二、三塁の場面で9番・針尾 泰地内野手(2年)が値千金の二塁打を放ち2得点、4対2と貴重な追加点を取る。その裏、山梨学院の先発・櫻田が3人で抑えベスト4進出、センバツ出場に大きな1勝に貢献した。
山梨学院は初戦の昌平戦に引き続きタイブレークまでもつれる試合となり、その試合も櫻田が先発完投で勝利を収め、今回の桐光学園戦でも先発完投と吉田監督からの信頼が厚い櫻田だが、この試合も監督の期待に応えるのかのように素晴らしい投球であった。
序盤に点数を取られて決まったが、最小失点に抑えるなど抜群のコントロールが光り、櫻田の好投に応えるかのように11回表針尾が勝ち越しの適時打を放った。針尾はあの場面「櫻田がしっかりとタイブレークも無失点で抑えてくれていたので、何としても点を取りたかった。真っ直ぐを狙っていたんですがカットボールで、真っ直ぐのタイミングだったので上手く反応で打てました」と話した。
これで山梨学院はベスト4入りを決めた。吉田監督は「序盤にリードされなかなか反撃ができませんでしたが、後半に追いついてくれた。櫻田も初戦に引き続き良い投球であった」と選手たちを讃えた。
山梨学院は28日に健大高崎(群馬1位)と対戦予定、次も粘り強い戦いに注目が集まる。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード