試合レポート

【関東】作新学院、来年のドラフト候補・小川の好投でベスト4、センバツへ前進!〈秋季大会〉

2023.10.24


〈第76回秋季関東地区野球大会:作新学院7ー2帝京三〉♢22日♢準々決勝♢栃木県総合運動公園野球場

作新学院(栃木1位)と帝京三(山梨2位)のベスト4入りをかけた戦い、作新学院の先発は来年のドラフト候補として注目されている147キロ右腕・小川 哲平投手(2年)、帝京三の先発は初戦の明和県央戦で完投勝利を上げた、エース・橋本 建投手(2年)の投げ合いで始まる。
先制したのは作新学院、1回、3番・土井 雄一郎内野手(1年)の犠飛、4番・廣田 瑠稀哉外野手(2年)の左前安打、6番・小川 亜怜外野手(1年)の右前安打で3点を奪い初回からいいリズムで反撃を行う。しかし、2回以降6回まで作新学院帝京三の先発・橋本 建投手(2年)の多彩な変化球に打線が沈黙し無安打に終わる。
終盤に入ると互いに打線が繋がりを見せ、7回に作新学院が2点を入れ5対0。8回、帝京三は2点を返し5対2となるもその裏、作新学院が2点を取り7対2。9回は2番手・石毛 虹晴投手(2年)が無失点で抑え作新学院がベスト4へと駒を進めた。

作新学院の先発・小川は7回まで投げ被安打3と好投が光った。立ち上がりは146キロを計測したが、2四球出すなど危なげない投球ではあったが無失点で切り抜けた。小川は今日の投球に対し、「全体的に見たら今日の投球は良かっと思います。しかし、立ち上がり球が荒れていたのでそこを修正が必要です」と小川は7回になっても球威は落ちず140キロ前半の球を投げ込んでいた。
作新学院の小鉢監督は「2回以降は打者陣が苦しめられましたが、終盤にようやく追加点が出て良かったです。小川も4回以降はいつもの投球をしていたので、初戦としては良かったかなと思います」と話した。

作新学院はこれでベスト4を決め、来季のセンバツ出場有力となった。28日には常総学院(茨城1位)と対戦予定、小川がどのような投球を見せてくれるのか注目したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード