News

常総、2年ぶりのセンバツ出場有力 17安打と打線も好調をキープ〈秋季関東大会〉

2023.10.23


〈第76回秋季関東地区野球大会:常総学院10ー5花咲徳栄〉♢22日♢準々決勝♢栃木県総合運動公園野球場

常総学院花咲徳栄の対決は10対5で常総学院が勝利を収めベスト4入りを決めた。
試合は序盤から点の取り合い、先制したのは常総学院、1回、1死一、二塁の場面で4番・武田 内野手(2年)の左前適時打で1点を先制する。しかし2回、花咲徳栄も反撃を見せ4安打などで4点を取り逆転に成功。その裏、常総学院は5安打などで4点を取り5対4とするも3回、花咲徳栄が1点を返し同点。しかしその裏、常総学院が2点を返し7対5。序盤から点の取り合いが続く。

5回にも常総学院は2点を加え、6回にも1点を取るなど7回終了時点で10対5となる。
最後は6回からマウンドに上がっている2番手・齋藤 一磨投手(2年)が三人で締め、打線は17安打と打撃陣が活躍しベスト4進出を決め、28日の準決勝で作新学院(栃木1位)と対戦予定だ。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.03

【徳島】徳島商と池田が決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.03

【愛媛】昨秋の王者・松山商が済美との決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.03

初回8得点、先発全員安打の猛攻に元プロ監督も上機嫌!京都先端科学大が連勝で勝ち点!【京滋大学野球】

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード