試合レポート

【関東】山梨学院、タイブレークを制してベスト8、エース大友を温存して次戦・桐光学園戦!〈秋季大会〉

2023.10.23


〈第76回秋季関東地区野球大会:山梨学院2ー1昌平〉♢22日♢1回戦♢栃木県総合運動公園野球場

山梨学院(山梨1位)と昌平(埼玉2位)の対決は初回から互いに得点を加えるなど、点の取り合いかと思ったがローゲームの展開に、試合は9回まで決着がつかずタイブレークとなるも11回表に山梨学院が均衡を破り、2対1でベスト8入りを果たした。
試合は初回から両チームの1年生4番打者が勝負強さを見せ、1対1となる。その後互いに得点が生まれないまま9回まで試合が進む。
山梨学院は2回以降9回まで3安打に抑えられ、昌平は2安打に抑えられるなど互いの投手陣が踏ん張っていた。
タイブレークに入り、お互い10回は無得点に終わる。試合が動いたのは11回表山梨学院の攻撃、無死一、二塁から簡単に打ち取られ2死になるも、途中出場の3番・二村 仁功外野手(2年)の打球が相手のミスを誘い二塁走者が生還、2対1と勝ち越しに成功する。その裏、先発でマウンドに上がっている山梨学院の櫻田 隆誠投手(2年)が三者三振で試合を決めベスト8入りに貢献した。

この試合、山梨学院の先発・櫻田の投球は圧巻であった。回を増してるのにも関わらず11回になっても球の球威、キレが衰えない。打者も130キロそこそこの球にも関わらずボールの下を振るなど、球速以上に球のキレがあるのだと感じた。山梨学院の吉田監督も「本当は5回まで投げさせるつもりでいました。しかし、後半になっても球威などが衰えなかったのでそのまま続投させました」と語るなど、櫻田の投球には素晴らしいものを感じた。
しかし、この試合吉田監督はこのようなことを感じたという、「勝っても負けても素晴らしい試合、どっちに転んでも選手が今後さらなる成長が期待できる」と話した。

これで山梨学院はベスト8入り、次の対戦相手は桐光学園(神奈川1位)と決まった。関東大会の初戦をエース・大友 陸投手(1年)を温存したことで吉と出るのか、次の準々決勝に注目が集まる。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード