試合レポート

【近畿】報徳学園、次戦は大阪桐蔭! 間木が13K完封で1年越しのリベンジへ!〈秋季近畿大会〉

2023.10.22


4安打13奪三振で完封勝利を収めた報徳学園の間木歩

<秋季近畿地区高校野球大会:報徳学園2ー0奈良大附>◇21日◇1回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム
兵庫1位の報徳学園が奈良2位の奈良大附との投手戦を制した。
報徳学園は今春の甲子園でも活躍した間木 歩投手(2年)と今朝丸 裕喜投手(2年)の好投手2枚看板を擁する。両投手ともに好調で大角健二監督はどちらを先発にするか悩んだそうだが、相手打線との相性を考えて主将の間木を起用した。

「変化球でも真っすぐでもカウントが取れて、打者もどっちを待てば良いか分からない状態を作れた」と縦、横のスライダー、カットボールなど多彩な変化球を駆使した投球で、奈良大附打線を翻弄。8回まで10三振を奪い、奈良大附打線に得点を許さない。対する奈良大附先発の杉山 竜之輔投手(1年)も11安打を浴びながらも2失点と粘りの投球。球持ちの良い直球を低めに投げ込み、しっかりと試合を作った。

最終回も快調な投球を続ける間木は、連続三振で簡単に2死を取る。しかし、ここから連打と四球で満塁と一打同点のピンチを招き、打席には好投を続けてきた6番の杉山が入る。
奈良大附の追い上げムードが漂う中でも「抑えられる自信はあった」と冷静だった間木は、杉山を空振り三振に仕留めてゲームセット。4安打、3四球、13奪三振で完封勝利を収めた。

「間木は精神的に強い子ですので、初戦で硬くなるところをよく凌いでくれましたね」と力投を称えた大角監督。エース、主将に相応しい投球で大事な一戦をものにした。
準々決勝では昨秋の近畿大会決勝で敗れた大阪桐蔭(大阪)と対戦する。「チャレンジャー精神で去年のリベンジを果たしたいと思います」と意気込む大角監督。昨秋や今春の甲子園同様に白熱した試合を見せてくれそうだ。
取材・文=馬場遼

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード