試合レポート

帝京三、エース橋本の「新球種」が炸裂! 完封でベスト8へ〈秋季関東大会〉

2023.10.22


〈第76回関東地区野球大会:帝京第三5ー0明和県央〉♢21日♢1回戦♢宇都宮清原球場

21日から開幕した秋季関東大会、宇都宮清原球場では帝京第三(山梨2位)と明和県央(群馬2位)の1試合が行われた。関東大会に出場したとあってどちらも選手一人一人の能力が高かった。
先制したのは帝京第三、2回に四球と犠打、進塁打などで2死三塁のチャンスを作り、8番・舩脊 海翔捕手(1年)が打席に入る。「序盤のチャンスを何としても返し、先発の橋本さんを少しでも楽にしてあげたかったです」と打球は左前安打となり1点を先制する。さらに、5回には暴投と5番先発の橋本 建投手(2年)の中越え二塁打で2点を取り3対0。9回には4番・入谷 燈莉内野手(2年)の右越え三塁打で2点が入りダメ押し。
最後は先発の橋本が三者凡退に抑え、準々決勝へ駒を進めた。

帝京第三の先発・橋本はMAX136キロの直球とスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップを巧みに使い相手打者に球を絞らせていなかった。橋本は「投球練習から決め球であるスライダーが上手く決まっていなかった。その他の変化球で打者をうまく交わせたと思います」と決め球が不調の中でもしっかりと試合を作った。
橋本はこの関東大会に向けて、新球種であるカットボールを覚えてたという。そのカットボールがスライダー代わりの決め球となり、打者を翻弄していた。女房役の舩脊も「スライダーが上手く決まらないため、序盤から早めに配球を変えカットボール中心にしました」と序盤から思い切って新球種を中心とした配球に変えたことは素晴らしい判断であった。
カットボールの手応えに対して橋本は「想像以上の手応えがありました。これからもこのカットボール磨いて投球の幅を広げたいです」と新球種のカットボールの手応えは十分だった。

帝京第三はこれで準々決勝に駒を進めた。今日の勝利の要因として大牧監督は「橋本がしっかりと投げてくれまし、舩脊も思い切ったリードをしてくれました」とバッテリーの活躍が光った試合であった。
23日に帝京第三は作新学院(栃木1位)と対戦予定だ。橋本の新球種・カットボールで作新学院打線を抑えることができるのか注目したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード