News

【愛知】誠信、大府の初戦の相手は?<全尾張大会の組み合わせ>

2023.10.17


<今大会が開催されている背景:東邦など「何とか名古屋地区の強豪を倒せるように」 愛知県独自の大会、全三河、全尾張大会はなぜ開催されるのかを読む>

第136回全尾張高校野球選手権大会の組み合わせが決まった。

全尾張大会は、愛工大名電東邦といった名古屋地区の強豪を倒せるように、三河地区や尾張地区の公立校が地区ごとで優勝旗を賭けた大会に参加することを通じて、切磋琢磨しあっていくことを目的に、戦後すぐに今の高等学校となったころに、県高野連の管轄下で開催されているようになった大会。

今大会は28日に開幕。予選を勝ち抜いた8チームによるトーナメントが行われ、準決勝が29日、決勝と3位決定戦は11月3日に予定されている。

出場校は尾張地区から小牧南津島愛知黎明誠信大成の5チームで、知多地区からは大府知多翔洋半田が予選を勝ち抜いた。

初戦の組み合わせは、半田誠信知多翔洋愛知黎明津島大府小牧南大成と決まった。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード