試合レポート

【東京】日大三、小山台を振り切り、次戦は二松学舎!

2023.10.11


日大三・飯田拓音 同点打を放つ

試合を決定づける長打を放った飯田(日大三)

 

飯田の満塁の走者一掃の三塁打などで日大三が都立小山台を突き放し2回戦進出

<秋季東京都高校野球大会:日大三10ー4都立小山台>◇10日◇1回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

この夏の甲子園で3回戦に進出した日大三だが、新チームになり経験者は谷亀 和希投手(2年)と畠山 将豪投手(2年)だけになった。都立の強豪・都立小山台と対戦した1回戦は、三木有造監督が、「投げっぷりがいい」と評価する畠山が先発した。

しかし都大会初戦の緊張からか、畠山がぱっとしない。1回、都立小山台は、2番・岡村 ルカ内野手(1年)の左前安打、4番・笹谷 亮斗外野手(2年)の四球で2死一、二塁とし、5番・柏木 健吾内野手(2年)の中前安打で岡村が還り1点を先制した。

2回も都立小山台は、打順は7番ながら夏も経験し、「本来なら4番」と福嶋正信監督が言う里山 潤外野手(2年)が二塁打で出塁し、8番・横野 壱聖内野手(2年)の犠打で三塁に進み、9番、先発投手でもある舘野 遥陽投手(2年)の2球目に、里山が飛び出し三本間に挟まれアウトになった。スクイズのサインの見落としがあったわけで、都立小山台としては勢いに乗るチャンスを逸したことになる。

2回、日大三は、6番・畠山が左前安打で出塁し、8番・清水 太一内野手(2年)の三塁打で還り同点に追いついた。

それでも畠山は本来の投球を取り戻せず、3回は2死後、4番・笹谷、5番・柏木の連続二塁打で都立小山台が1点を勝ち越す。

一方、都立小山台の先発・舘野も日大三打線を抑えることができず、3回は、四球の2番・本間 律輝外野手(1年)が内野ゴロ2つで三塁まで進み、5番・飯田 拓音内野手(2年)の右前安打で還り、日大三が同点に追いついた。

3回を終わって2対2。日大三としては苦しい展開だが、きっかけをつかむと、伝統の強力打線が一気に爆発する。4回、日大三は、2死一、二塁から2番・本間の中前安打で1点を入れて勝ち越す。続く途中出場の3番・岡本 弦士外野手(2年)の中前安打でさらに1点を追加。4番・染谷 恒成内野手(2年)の死球で満塁となり、5番の飯田を迎える。接戦の展開に、「焦りはありませんでした。とにかくつないでいくことを考えていました」という飯田は、左中間を破る三塁打を放ち、満塁の走者が生還した。「打ったのはまっすぐ。打った瞬間、抜けると思いましたが、ほっとしました」と飯田は言う。飯田も畠山の内野安打で還り、日大三はこの回一挙に6点を入れた。

大きくリードした後も日大三の畠山は本来の投球ができず、6回、無死一塁から8番・里山の二塁打で都立小山台が1点を返したところで、降板した。2番手の伊藤 遙亮投手(2年)に対し都立小山台は、8番・横野の左前安打に続き、4回途中から登板している9番・高橋 昊汰投手(2年)がスクイズを決め、追い上げを開始した。

けれども日大三は7回に1番打者で新主将の土井 貴仙外野手(2年)の二塁打などで2点を追加して勝負を決めた。

スコアは10対4で日大三の圧勝。けれども安打数は日大三が11本、都立小山台が10本と、ほとんど差はない。ただ大事なところで1本出るか出ないかの差が点差になった。

都立小山台の福嶋監督は、「ピッチャーを作っていくしかありません。日大三のような打線を抑えるピッチャーを育てないと」と語った。

勝った日大三は2回戦で二松学舎大附と対戦する。2回戦で対戦させるのはもったいないくらいの好カードだ。「打たれると思います」と言う三木監督は、「やるべきことをやるだけです」と語った。もちろん東京を代表する強豪同士の対戦だけに、負けるわけにはいかない、プライドをかけた戦いになる。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】