News

プロ選手からも好評の声!「振りやすさ」重視の3シリーズの新基準バットに注目

2023.10.02


(この記事にはプロモーションが含まれます。)

2024年、高校野球は新しい時代に入る。バットの基準が変わり、今まで以上に飛びにくくなることが、既にあらゆるところで報じられている。

各スポーツメーカーも発売を開始し、日本高校野球連盟も各校へ2本ずつ支給するなど、着実に準備が進んでいる。

重さは900グラム前後と変わらないものの、従来のバットと比較して最大で3ミリほど細くなり、断面の厚さは1ミリほど厚くなる。こうした工夫を施すことで、トランポリン効果というものを抑えて反発を弱くするというのだ。

その他にも「インパクト時の感触が重たくなった」など、飛びにくくした分だけ違和感を覚えている選手は多い。「木製バットに近い」と話す指導者もいる。

一方で「細くなった分、以前に比べて振り抜きやすい」「飛びにくくなっても、振り抜きが良い分、しっかりとスイングをすれば、強い打球が飛ばせると感じた」と振りやすさが増したという声もある。

スポーツメーカー・ミズノも、この「振りやすさ」という点にフォーカスして、今回の新基準バットから新たに3種類のシリーズを展開し始めた。

1つは不動の人気シリーズであるVKONGシリーズ。3つのシリーズの中では最もバランスが取れたデザインとされており、迷った時は今後もVKONGシリーズを使えばよさそうだ。

このVKONGシリーズを基準にして、2つのシリーズが新たに登場した。

G×Pシリーズと呼ばれるバットは、ヘッドの重みを利用するような振りが特長となっている。ミズノの公式ホームページの特設サイト内では、ヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院出身)が、ヘッドの効きに対して好感触を示すコメントをしているほど、ヘッドの重みを使えるようだ。

対してI×Cシリーズと呼ばれるバットは、操作性を重視した振りの軽さが特長。このバットに対しても、同サイト内では、ソフトバンク・近藤 健介外野手(横浜高出身)が手元に重心があるように感じられる、とコメントするなど、操作性の良さを感じているようだった。

打感や握ったときの感触など、選手よってバットを選ぶポイントは違うだろうが、スイングした時に感触を大事にしている選手は比較的多いのではないだろうか。機会があれば、一度ミズノから発売した3つのバットの振り心地を体感してはどうだろうか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード