試合レポート

【東京】3年連続のセンバツへ、二松学舎大附の猛打が爆発<秋季大会>

2023.10.11


二松学舎・五十嵐将斗君

【東京】3年連続のセンバツへ、二松学舎大附の猛打が爆発<秋季大会>

<秋季東京都高校野球大会:二松学舎大附15-8駒場学園(7回コールド)>◇10日◇1回戦◇江戸川区

前日(9日)の雨で、日程が1日延びた秋季東京都大会。この日で、2回戦進出となる32校がすべて決まる。

3年連続のセンバツ甲子園出場を目指す二松学舎大附。この秋の1次ブロック予選の代表決定戦では、昨秋の都大会準決勝の相手でもあった帝京との大一番となった。相手校グラウンドでの戦いだったが、8対0の7回コールドゲームで快勝しての進出となった。予選無失点で、やはり「二松学舎大附は強いぞ」と思わせるものでもあった。

駒場学園も1次ブロック予選では都立大田桜台に21対0、都立東大和にも6対1と快勝しての進出である。

二松学舎大附は初回に、1死一、三塁から主砲・五十嵐 将斗外野手(2年)の適時打で先制。3回にも2番・土屋 慶太内野手(1年)からの好打順を生かして、片井 海斗内野手(2年)の右越え二塁打や、五十嵐の2打席連続の適時打。椎名 潤内野手(2年)の犠飛や7番・花澤 莞爾外野手(1年)の右中間二塁打などで4点を追加。この流れだと、二松学舎大附のワンサイドになっていくかもしれないとも思われた。

ところが4回、駒場学園打線は2番・関 拓斗内野手(2年)の二塁打から始まって、4番・藤井 雄志捕手(2年)以下の3連打などで、二松学舎大附の先発・大内 啓輔投手(2年)を捉える。これで。大内投手も制球に難が出てきたことで、押し出しで同点を許したところで、市原勝人監督は、大内投手を諦めて三瓶 謙信投手(2年)を送り出した。ところが、三瓶投手は思った以上の早い登板でいささか準備不足もあったか押し出しと、横井 将人内野手(2年)の左前打でさらに2点を失う。結局1死も取れないまま、3人目の河内 紬投手(1年)につないだ。そして、河内投手が何とか踏ん張って、この回7点止まりで何とか止めた。

まさかのビッグイニングを作られた二松学舎大附だったが、駒場学園の木村泰雄監督は、5点差を逆転して2点リードしたものの、「これで二松学舎大附は本気で向かってくるのではないか」という不安はあったという。

その心配通り、二松学舎大附は直後の5回、四球と永尾 愛蓮捕手(1年)の二塁打で二、三塁とすると、8番に入っていて初打席となった河内投手自らの二塁打で同点とする。そして、四死球もあって満塁となった後、3番・片井が中越え二塁打で走者を一掃した。片井自身も、「走者がいると、より、打ちたいという気持ちが強くなってきます。ここというところで打てて嬉しい」と語っていた。通算41本の本塁打も放っているというが、「ホームランよりも、打点を挙げることを一番目指している」という勝負強さを証明してみせた。

駒場学園は6回に5番・竹下 舜外野手(2年)の右前適時打で1点を返したものの、7回に二松学舎大附は片井の右前適時打に永尾の左翼への3ランなどで5点を加えた。さすがにこうなってしまうと、地力で上回る二松学舎大附である。その裏は安打と四死球などで2死満塁という場面にもなったが、河内投手が踏ん張って抑えて、結果的にはコールドゲームということになった。

二松学舎大附の市原監督は、「秋の新チームですから、こういう試合もいい勉強になったのではないでしょうか。4回は、5対0になって気持ちが緩んだというかスキができてしまって、そこをしっかり攻められました。0対0のつもりで行けということは行ったのですけれども、どこかにスキがあったんですね。まだ、チームとしては未成熟だということです」と見ていた。それでも、しっかりと勝っていったことには安堵していた。

駒場学園の木村監督は、「今年のチームは、まとまりとしては悪くないと思っているのですが、結果としては力負けですね。これからひと冬越えて、夏を目指してどこまで成長していかれるのかというところですが、来年からは低反発バットにもなっていきますが、振り込んでいくようにします」と、再出発を誓っていた。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 佐藤香里

    2023-10-11 at 11:08 AM

    昨日、5-0となった時点で、ニ松学舎のワンサイドゲームかな?と思ったのですが、4回裏に7点も取られたと知った時は、どうなる事やらと思いましたが、直後にすぐ再逆転してリードを付けてくれ、最後は、帝京戦と同じく7回コールド😲☺🙌ヾ(^▽^)ノ🙇!次戦は、強豪の日大三。又、苦戦しそうだな~…°・(ノД`)・°・

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>