試合レポート

【東京】国士舘は中軸がしっかり打って5回コールドの圧勝で2回戦進出

2023.10.09


国士舘は中軸がしっかり打って5回コールドの圧勝で2回戦進出

<秋季東京都高校野球大会:国士舘10ー0都立八王子北(5回コールド)>◇8日◇1回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

都立八王子北は力のあるチームであるとはいえ、相手は強豪の国士舘。それでなくても苦戦が予想されるところに、エースの大平 拓海投手(2年)がコンディション不良で登板できず、苦しいところ。結局0対10、5回コールドで敗れたが、見せ場がなかったわけではない。

1回、都立八王子北は、1番・三瓶 亮太内野手(2年)が二塁打を放った。しかし後続が続かず得点はできなかった。

その裏、国士舘は1番・原田 瑠偉内野手(2年)が四球で出塁。原田は二盗を試みるも、都立八王子北の福崎 優希捕手(2年)の肩に阻まれる。2回も同様に、四球で出塁した原田は二盗を企図するものの、やはりアウトになった。「キャッチャーには自信になったと思います」と都立八王子北の内田健太郎監督は言う。

3回には無死三塁から国士舘の5番・富永 龍雅外野手(2年)の右飛で三塁走者がタッチアップで本塁を突くも、右翼手・瀧瀬 漣外野手(2年)からの好送球でアウトになった。

都立八王子北にもこれだけの見せ場がありながら、5回コールドに終わったのは、国士舘が決めるべきところでしっかり決め、都立八王子北に肝心なところでエラーが出てしまった面もあったからだった。

1回、国士舘は2死二、三塁で5番・富永が二塁打を放って2点を先制する。「初回に2点が入ったことが大きかったです」と国士舘の箕野豪監督が言うように、初回が無得点なら、展開は違ったかもしれない。逆に言うと、それを逃さないのが強豪校だ。

もっとも、先発・日々 楓馬投手(2年)ら、都立八王子北の投手陣の緩い球を効果的に使う投球に、国士舘打線は今一つタイミングが合わず、3回に1点を追加したものの、なかなかリードを広げられない。

しかし4回、一気に勝負を決める。3回の途中から登板している都立八王子北の2番手・松本 竜翔投手(2年)が4回に2四死球、1安打で無死満塁のピンチを招くと、国士舘の3番・片倉 稜大内野手(2年)に死球で押し出し。4番・小椋 旭人外野手(2年)の左前安打で2人が生還する。なおも無死一、二塁で5番・富永の投前のバントは内野安打になったうえに、送球ミス、捕球ミスというエラーの連鎖が起きて2人が生還。富永も三塁まで進んだ。これで緊張の糸が切れたようになり、この回一挙に6点が入った。

9対0と、国士舘のリードで迎えた5回、2死一、三塁から、4番・小椋が逆らわない打撃の右前安打を放ち1点を追加。10対0、5回コールドが成立した。最後に安打を放った小椋は、「あそこは決めようと思い、しっかり引き付けて打ちました」と振り返った。

「3番、4番、5番が逆らわずにしっかり打ってくれました」と国士舘の箕野監督は語る。3番・片倉、4番・小椋、5番・富永は夏の大会の経験者。先発登板した左腕の早川 恵陽投手(2年)も夏の大会で登板している。こうした中心メンバーに加え、小椋は「キャプテンが引っ張って、チームをまとめてくれています」と語る。国士舘の主将は背番号17の松原 虎太外野手(2年)だ。試合には出ていないが、その存在は大きいようだ。

国士舘は伝統的に秋季大会に強い。2回戦は聖パウロ学園と対戦する。両校とも投打にまとまっているだけに、楽しみな一戦になりそうだ。

取材=大島 裕史

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

1 Comment

  1. ちょりさん

    2023-10-18 at 12:29 PM

    うまい国士舘これが国士舘楽しい国士舘

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>