試合レポート

【東京】 都立紅葉川、明大明治を撃破、エースのフィールディングが光る〈秋季大会〉

2023.10.09


【東京】 都立紅葉川、明大明治を撃破、エースのフィールディングが光る

〈令和5年度秋季東京都野球大会:都立紅葉川3ー1明大明治〉♢8日♢1回戦♢コトブキヤスタジアム

都立紅葉川明大明治の一戦。

都立紅葉川の先発は樋口 智大投手(2年)、明大明治は長谷川 獅音投手(2年)と互いにエース同士のぶつかり合いとなった。

試合は2回に動く、都立紅葉川が失策と暴投で2点を追加し2対0。しかし、ここから互いになかなか点が取れず、7回まで2対0と互いの投手が力投を見せる。

8回、明大明治が仕掛け3本の安打などで1点を返し、1対2と1点差に詰め寄る。しかしその裏、都立紅葉川は5番・生沼 英寿外野手(2年)の中前適時打で1点を加え3対1として、都立紅葉川の先発・樋口が1失点の好投で都大会初戦を勝利した。

都立紅葉川の先発・樋口はチェンジアップ、スライダー、カーブを巧みに使い明大明治打線に的を絞らせない投球であった。樋口も「自分の強みは打者に狙い球を絞らせないことと、相手打者のペースに持ち込まないことです」と語るように、11安打も打たれたもののピンチでは上手く打者をかわしていた。

さらに、樋口は投球だけではなくフィールディングも華麗で、この試合3つも三塁線の犠打を三塁で封殺するなど、ピンチを自分で切り抜けていた。

樋口の投球はアバウトではあるが、変化球も直球もしっかりとストライクは取れていた。しかし今日の投球に樋口自身納得がいっておらず、「試合の入りから最後まで制球力が定まりませんでした。自分は球速がない代わりに制球力を大切しているので、今日みたいな投球が続くと簡単に大量失点などに繋がってしまうため、調子が悪いなりにもしっかりとコントロールできるように練習していきます」とさらなる成長を誓った。

都立紅葉川は14日に都立昭和と対戦が予定されている。樋口がどこまで投げ切れるのかが勝敗のカギとなる。

 

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード