News

今夏は、センバツ8強の東海大菅生に勝利!駒大高の新チームの戦力は…

2023.10.02


今年の夏の全国高校野球選手権西東京大会を盛り上げた駒大高が、秋季東京大会の予選を勝ち抜き、都大会の切符を手にした。今年の夏には、センバツ8強の東海大菅生相手に10回タイブレークの末に6対4で勝利。さらに甲子園出場を決めた日大三相手にも接戦を繰り広げ注目された。都大会で飛躍を狙う新チームの駒大高の注目選手を紹介する。

山口 惟呼内野手(1年)は、川端監督が「守備に定評がある」というように守備が上手く、ここぞの場面でチームを救う守備範囲の広さと球際の強さを持っている。攻撃では小技も使えるため、投手を翻弄して攻撃の起点を作る。

橘 佳吾外野手(1年)は、バットコントロールが上手く、柔らかなスナップの持ち主。出塁率が高く、追い込まれても、なかなか三振や凡打にならない、粘りながら安打を打てる強みを持つ。

廣瀬 天翔投手(2年)は、新チームの柱。川端監督からの信頼が厚く、駒大高が勝ち上がっていくためには欠かせない。今年の夏から3番を打つなど、勝負強い打撃が魅力で、投打で活躍を見せる駒大高の二刀流だ。

福本 拓生捕手(1年)は、今年の夏からマスクを被り、東海大菅生打線に好リードをみせ、日大三相手にも強気なリードを見せた。守備の要として投手を引っ張り、ベスト8へとチームを導く活躍が目立った。打撃では広角に打てる技術を持ち、チャンスメークする。

1年生の注目選手が多い駒大高が、秋季都大会で快進撃を狙う。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>