トーナメント表

【関東】花咲徳栄が横浜下す、常総学院がコールド、帝京三は完封勝ちでベスト8へ<地区大会・21日の結果>

2023.10.21


来年春のセンバツ選考の重要資料となる第76回秋季関東地区高校野球大会が21日開幕し、1回戦が行われた。
花咲徳栄(埼玉)は横浜(神奈川)を8対6で破ってベスト8入りを決めた。序盤から互いに点数を取り合う展開。3対3で迎えた5回に1点を勝ち越すと6回、7回、8回と追加点を挙げ、粘る横浜打線を振り切った。4番・石塚 裕惺内野手(2年)が初回に先制2ラン、7番・横山 翔也内野手(2年)が7回にソロを放つなど長打力で勝った。

常総学院(茨城)は8回コールドの9対2で専大松戸(千葉)を破った。初回に3点を先制すると中盤にも追加点を重ねて18安打9得点で8強入りを決めた。
帝京三(山梨)は5対0で明和県央(群馬)に勝利。先発の橋本 建投手(2年)が4安打完封でチームを8強に導いた。
22日も1回戦が予定され、ベスト8が出揃う。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.10

「アーニャ」で話題呼んだ仙台大の最速147キロ左腕・池田亮太 今年は「ピッチャーとしての自分に注目してほしい」

2024.04.10

【埼玉】八潮南、所沢商、浦和などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?