トーナメント表

【千葉】中央学院が強打を発揮し、5年ぶりの秋優勝!県では木更津総合、習志野、専大松戸を破る

2023.10.01


<第76回秋季千葉県高校野球大会:中央学院7ー1専大松戸>◇1日◇決勝◇千葉県総合スポーツセンター

中央学院が5年ぶりの優勝を決めた。

専大松戸が3回、3番・中山 凱捕手(2年)の犠飛で1点先制したが、4回、中央学院は森田 倫揮内野手(2年)の適時打で同点。さらに岩崎 伸哉外野手(2年)の2点適時打で勝ち越しに成功。そして9番・佐藤 佑人捕手(1年)の犠飛で4対1に。5回には4番中村 研心内野手(2年)のランニング2ラン、8回にも水嶋 悠外野手(2年)の適時打で7対1とした。

3回途中からリリーフした蔵並 龍之介投手(2年)は強打の専大松戸打線を無失点に抑える好リリーフ。見事に優勝を収めた。

中央学院は1次予選で敗れて敗者復活戦からの県大会優勝。県大会では木更津総合習志野など強豪を破って勝ち上がっていた。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>