試合レポート

【仙台六大学】東北福祉大vs宮城教育大

2023.09.16


東北福祉大・吉田浩輝

東北福祉大が15得点大勝!仙台出身・吉田浩輝は初出場で初安打初打点初盗塁と”初尽くし”

<仙台六大学秋季リーグ:東北福祉大15-0宮城教育大(5回コールド)>◇16日◇第4節1回戦◇東北福祉大

東北福祉大が10安打15得点で大勝し、開幕5連勝とした。初回、今秋初スタメンの2番・渡邊 翔真内野手(2年=盛岡大附)の適時打などで2点を先制。その後も攻撃の手を緩めず、着実にリードを広げた。投げては今秋初先発の櫻井 頼之介投手(2年=聖カタリナ)が4回1安打無失点と試合をつくり、最終回はリーグ戦初登板の唐川 侑大投手(1年=東海大札幌)が締めた。

東北福祉大は前節から打線を大きくテコ入れし、この日は5人が今秋初スタメン。中でも「7番・左翼」で出場した吉田 浩輝外野手(3年=九州国際大付)はリーグ戦初出場で、2安打2打点と結果を残した。

第2打席で犠飛を放ち初打点を挙げると、第3打席では2死二塁から初安打となる右前適時打をマーク。第4打席は内野安打で出塁し、初盗塁を決めた。3年秋にして”初づくし”だった吉田。今春までは「不甲斐なかった。高校の先輩たちは試合に出ていたので、自分も同じ場所に立ちたいと思っていた」。今夏、持ち味である積極的な打撃をアピールし、ようやくチャンスが巡ってきた。

仙台市出身で、中学時代は仙台宮城野リトルシニアでプレーしていた。その後遠く離れた九州の強豪校で実力を磨き、大学は地元の名門を選んだ。開幕から外野のし烈なレギュラー争いが続いているが、吉田は「(練習試合や紅白戦で)打った選手が使われる。単純なことかなと思います」ときっぱり。結果にこだわり、地元で一花咲かせたい。

この日は冨田 隼吾内野手(2年=花咲徳栄)、木下 大我内野手(3年=明秀日立)ら、途中出場の選手も次々と快音を響かせた。野手陣のレギュラー争いは益々、加速しそうだ。

先発した櫻井は140キロ台の直球と多彩な変化球が光った。自己最速の151キロには届かなかったものの、「球速は気にせずに、コントロールや低めに投げることを意識した」という言葉通り、丁寧な投球を披露した。

前節は好救援で勝利投手となり、今節は1戦目の先発を託された。「チームが勝てるように、自分の与えられたポジションで0に抑えたい」。先発でも中継ぎでも能力を発揮できる2年生右腕が、チームに欠かせない存在となっている。

(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!