試合レポート

【埼玉】2回戦 滑川総合 vs 秀明英光

2023.09.15


アクシデントにも負けず!秀明英光が滑川総合の終盤の粘りを振り切って県大会へ!

<埼玉県秋季高校野球大会地区予選:秀明英光8-5滑川総合>◇12日◇北部地区代表決定戦◇上尾市民

上尾市民球場の第2試合は今夏ベスト8進出した秀明英光と滑川総合の一戦。

秀明英光はメンバーの選手数人に体調不良者が出た。この日、遊撃手を任せる予定だった部員もいたそうだ。この試合を15人で臨むこととなる。

その影響もあり秀明英光の先発は本来・右腕の鈴木で行く予定でいたが、遊撃手を任せられる人間が減ったこともあり、エース左腕の河西が登板、一方の滑川総合は右サイドの中山が先発し試合が始まる。

試合前半は秀明英光が優位に試合を進める。

秀明英光は初回、滑川総合・中山の立ち上がりを攻め、先頭の斉藤が死球で出塁すると、続く寺井がきっちりと送り1死二塁とする。ここで3番・鈴木が三塁線を破る適時二塁打を放ちまず1点、さらに続く出野も死球で1死一、二塁とすると、2死後、6番・瀬谷の二ゴロが相手のエラーを誘い2点目。続く矢頭も四球を選び2死満塁とすると、8番・河西も押し出し死球で3点目を奪う。

ここで滑川総合は早くも先発・中山を諦め1年生左腕・石井へスイッチする。

秀明英光は攻撃の手を緩めず滑川総合・石井の代わり端を攻め、続く松清が右前適時打を放つなど、この回一挙4点を先制する。

流れをつかんだ秀明英光は2回にも先頭の斉藤が四球で出塁すると、続く寺井がきっちりと送り1死二塁とする。2死後、4番・出野が左中間へ適時二塁打を放ち早くも5点差をつける。

一方、滑川総合もすぐに反撃を開始する。

滑川総合は3回、この回先頭の月芳がプッシュバントを決め出塁すると、続く前田のところで滑川総合ベンチはエンドランを仕掛ける。前田は三塁強襲安打を放ち無死一、二塁とすると、9番・石井の犠打が内野安打となり無死満塁と絶好の反撃機を迎える。だが、続く中山の犠飛で1点を返すも、後続が倒れ1点でこの回の攻撃を終える。

すると、秀明英光は4回、この回先頭の松清が四球を選び出塁すると、続く斉藤がきっちりと送り1死二塁とする。2死後、3番・鈴木が三塁線を破る適時打を放ち6対1とする。

秀明英光は6回にも先頭の斉藤が左前安打を放ち出塁すると、続く寺井がきっちりと送り1死二塁とする。ここで3番・鈴木が右線へ適時二塁打を放つと、続く出野の捕ゴロが相手の悪送球を呼び8対1とコールドペースへ持ち込む。

これで決まったかと思われた。だが、滑川総合がここから反撃を開始する。

滑川総合は7回、この回先頭の湯浅が四球で出塁すると、続く樋口のところで捕手がファンブルする間に二塁へと進む。1死後、6番・若井が右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち1点を返し、まずはコールドを回避する。

滑川総合は8回にも、この回先頭の中山が右前安打を放ち出塁すると、1死後、一走・中山が盗塁を決め、1死二塁とする。2死後、4番・湯浅が左翼線へ適時打を放ち8対3とする。

対する秀明英光は、ここでやや疲れの見える河西から本来先発予定であった、2番手・鈴木へスイッチする。

滑川総合は最終回も1死後、8番・前田が四球で出塁すると、続く代打・黒崎が右中間へ二塁打を放ち1死二、三塁とする。ここで1番・中山が犠飛を放ちまず1点、続く中村優も右前適時打を放ち3点差まで追い上げる。だが、後続が倒れ万事休す。

秀明英光が逃げ切って県大会出場を決めた。

秀明英光は、突然のアクシデントにも見舞われながら、この日は初回に一気に流れをつかみ序盤のリードを最後まで守り切った姿は見事であった。

「初回の4点が大きかった。初戦を見て先発の子に対しては甘いところを狙ってボール球は振るなと。河西の先発は急遽。2点まで頑張って見ようか、ということだったんですが、ハマっていたんで3点まで行こうかと。公式戦初登板にしてはよく投げた。ただ河西は7回、急に守りに入って四球を出して。本来、四球を出す子じゃないんですが。練習試合などでも、ここまで長いイニングを投げたことがないので、あそこで代えました。鈴木も最終回、8番に四球を出したところは打者が8番ということが頭に入っていなくて。経験値で胡座をかきたくないんですが。昨秋はベスト16なのでそこには並べるように」と秋山監督。鈴木、立川など今夏のスタメンが複数残るだけに、県大会へまずは体調不良者の復帰と旧チーム以上の成績を狙うために投手陣の整備は必須であろう。

一方の滑川総合は、序盤の大量失点も結局11安打を放つ粘りは見せた。この日はエース中山がやや誤算か。

「特に序盤ですが、四死球が多かった。制球力ですね。河西君の先発は想定外でした。鈴木君の対策は立ててきたんですが。微妙に動くような直球と変化球の術にハマった。終盤、粘れただけに、入りですね。練習します」と、戸川監督も相手の都合により結果的に先発を外したことを含め、悔しさを滲ませつつ春以降の成長を誓った。

終盤の粘りは見事であり、2番手以降がよく投げ、最終的に「あわや」というところまで持ってきたが、とにかく初回の4点ビハインドが重く、最後まで届かなかった。長打力のある湯浅や、小技のうまい月芳など、面白い選手はいるだけに、春以降の成長に期待したい。

取材=南 英博

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.03

【春季東京都大会】錦城学園が食い下がる都立小平南を中盤に突き放して逃げ切る

2024.04.03

【春季東京都大会】終盤で3点差を追いついた駒大高が、タイブレークで東海大高輪台を下す

2024.04.03

【春季東京都大会】プロ注・古川遼(日本学園)が6回無失点も課題はスタミナ、日体荏原が辛勝で2回戦へ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード