試合レポート

【埼玉】2回戦 南稜 vs 慶應志木

2023.09.14


2回一挙10点!南稜が集中打で慶應志木を下し県大会進出!

<埼玉県秋季高校野球大会地区予選:南稜12-2慶應義塾志木(5回コールド)>◇11日◇南部地区代表決定戦◇県営大宮

県営大宮球場の第2試合は慶應志木と新人戦でシードを獲得し好調な南稜との一戦である。

先発は慶應志木が永島 康太朗投手(2年)、南稜が左腕・白石 直倫投手(2年)と両エースが先発し試合が始まる。

試合は序盤から大きく動く。

南稜打線が2回、慶應志木・永島に襲いかかる。

この回先頭の森 悠真(2年)が中前安打を放ち出塁すると、続く大輪 純希(1年)の犠打が内野安打となり無死一、二塁とする。ここで7番・江連 直輝(1年)が遊ゴロを放つ。遊撃手は三塁へ送球するが、その送球が悪送球となり、まず1点、さらに無死二、三塁から、続く秋谷 泰知(2年)に対し南稜ベンチはスクイズのサインを出す。これを秋谷がきっちりと決めると、さらに二走・江連も自身の判断で一気に本塁生還。2ランスクイズとなり3点を先制する。

慶應志木としては3点を失うも、走者がいなくなり切り替えやすい状況。だが、元々制球の良い慶應志木・永島は9番・白石に四球を与えてしまう。

それに対し南稜打線は、2巡目を迎え攻撃の手を緩めない。続く小石原 智(2年)が左前安打を放ち1死一、二塁とすると、2番・森田 歩夢(2年)が右中間へ2点適時二塁打を放ち5点差をつける。さらに続く上村 匠永(1年)の遊撃への打球が適時打となると、さらに4番・加納 詠人(2年)、5番・森も連打を放ち1死満塁とチャンスを広げると、続く大輪も右前適時打を放ち7対0、とどめの一撃は続く江連が満塁で走者一掃となる二塁打。この回何と一挙10点を奪うビッグイニングを作り、早くも試合の大勢は決する。

それでも、慶應志木はその裏、1死から5番・勝呂 海里(1年)が左翼線へ二塁打を放ち出塁すると、続く永島が一塁線を破る適時二塁打を放ち、まず1点、7番・井上 陸斗(2年)が右前安打を放ち1死一、三塁とすると、続く小林 斗和(2年)が犠飛を放つなど2点を返す。

だが、反撃もここまで。

南稜は3回にも、1死から相手エラーを足がかりとし、2死二塁から4番・加納が右前適時打を放ち1点を追加すると、5回にも、先頭の小石原の安打を足がかりとし、3番・上村が左越えの適時二塁打を放ちコールドペースへと持ち込む。

投げては南稜の先発・白石が慶應志木打線を、のらりくらりと交わし5回2失点でまとめる。

結局、南稜が5回コールドで慶應志木を下し県大会出場を決めた。

南稜はとにかく打線が好調だった。序盤は小技や機動力で掻き回し、その後打線が15安打と爆発。先発の白石も時折長打を許すも意に介さず無四球で打たせて取る投球に徹した。

「5回コールドはまさかです。ただ打つことには自信を持っているチームなので。白石は四球で崩れることが多い子なのでそれが不安でしたが良く投げた。相手投手に対しては、必ずどこかでチャンスはあるから、そこで一気に行こうと伝えていた。久々に秋の県大会出場ですが。元々の目標設定は秋の県ベスト8で春のシードを取ること」と、鈴木監督の鼻息も荒い。

一方の慶應志木は、この代から学生監督の石塚氏が指揮を執る。

「最初はコーチで手伝っていて。柴田監督が監督をお辞めになるという話になり、使命感というかやらなければいけないなと。柴田先生はまだ非常勤講師として残っていて手伝ってもらってはいるが、基本的には自分が。元々選手主体だったんですが、距離が近いのでコミュニケーションを取りながら、厳しくも楽しくできたら」と、石塚新監督も大学1年生らしく意気込んでいたが、よもやの展開に。この日はやや守備に足を引っ張られた部分もあったがエース永島が誤算であった。

「可能性があるチームだっただけに悔しい。永島は練習試合では抑えてくれていて、南稜戦も行けるだろうと思っていたんですが、簡単にうまくはいかなくて。2回の10失点はエラーとかバント処理とかがあって、気づいたらという展開だった。継投のタイミングは探していたんですが、今日はある程度永島で行くっていうのは決めていたんで。粘って粘ってとは思っていたんですが、相手が上でした。永島が打たれたことは想定外だった。今後は1年生など、他の投手も絡めながら、春までにしっかりと仕上げて勝ち進めるように。打線も相手投手が打たせて取るタイプというのは聞いていて、緩いカーブを打ちに行ったんですが、意外と曲がりが大きくて苦しんだ。守備からという流れができなかった。なのでまずは守備から」と、石塚新監督は悔しさを滲ませつつも前を向く。課題は山積しているが、夏の経験者である山田、小林が中心となり、春までにまずは守備力の安定を目指し、エース永島の奮起にも期待したい。

取材=南 英博

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【交流試合】打線絶好調の川口市立が飛ばないバットを感じさせず、千葉英和を強打で圧倒

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?