試合レポート

【京滋大学野球】佛教大vs滋賀大

2023.09.11


佛教大が連勝で勝ち点獲得!7回のビッグイニングで逆転勝ちを収める

<京滋大学野球秋季リーグ:佛教大8-5滋賀大>◇11日◇第2節2回戦◇太陽が丘

3季ぶりの優勝を目指す佛教大が逆転勝利。2連勝で2つ目の勝ち点を獲得した。

佛教大の先発は中西 孔太郎投手(1年=乙訓)。前節の大谷大戦では6回無失点と好投したが、この日は3回に5番・若林 大雅内野手(4年=天白)に2ラン本塁打を浴びるなど、5回5失点と苦しい投球となる。打線もなかなか反撃のきっかけをつかめず、6回を終えて1対5と4点を追う展開となった。

苦しい状況の中で突破口を開いたのが、プロ注目の1番・中堅手の竹田 貴行外野手(4年=初芝橋本)。首位打者を2度獲得している俊足巧打の外野手は、ここ2試合は無安打と苦しんでいた。コンタクト率を上げるために前日はコーチの指導を受けながら居残り練習をして打撃を改善。5回の第3打席では3試合ぶりの安打となる中前安打を放っていた。

7回に1死で回ってきた竹田は「僕の持ち味」と語るセンター返しの安打で好機を演出。すると、2番・木原 黎明内野手(3年=大垣日大)、3番・七條 太一内野手(3年=文徳)も安打を放ち、まずは1点を返す。

「あの3連打がポイントになった」と國友健一監督。これで打線に火が付いた佛教大は相手の失策と5番・喜多 智也内野手(3年=奈良大附)の中越え2点適時二塁打で1点差に迫った。

なおも1死二、三塁と一打逆転のチャンスで、打席に立つのは6番の春山 陽生外野手(2年=近江)。高校時代には甲子園でサヨナラ安打を打っている勝負強い春山は「流れを潰さないようにと考えていました」と直球を右翼線に弾き返す。記録は2点適時三塁打となり、逆転に成功。佛教大は続く7番・沢嵜 一輝内野手(4年=坂井)も右前適時打を放ち、6点のビッグイニングで試合をひっくり返した。

リードを奪ってからは継投策で滋賀大の反撃を封じた佛教大。「本当だった負け試合だった思います」(國友監督)という展開を勝ち切ったのは、次節以降に向けて大きな収穫となるだろう。

次節以降は、びわこ成蹊スポーツ大、京都先端科学大、花園大と強敵との戦いが続く。「今日以上に劣勢になることがあると思うので、そこに備えてしっかり練習して、準備の段階で負けないようにしたいです」と春山は気を引き締めていた。

取材=馬場 遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!