試合レポート

【南東北大学野球】福島大vs山形大

2023.09.11


リーグ戦初白星を挙げた福島大・矢上必顕

福島大、6試合目で今秋初勝利 好救援の2年生右腕・矢上必顕がリーグ戦初白星

<南東北大学野球秋季リーグ戦:福島大8ー5山形大>◇10日◇第3週2回戦◇石巻市民

開幕5連敗中だった福島大は山形大との国立大対決を制し、今秋初勝利を挙げた。

試合は中盤まで点の取り合いに。福島大は2点を追う5回に島崎 開史外野手(4年=日立一)の2点適時三塁打で試合を振り出しに戻すも、その裏、3失点を喫し勝ち越される。それでも6回、渡部 陸人内野手(1年=南会津)のスクイズなどで6得点し逆転した。

荒れ模様だった中盤までの雰囲気を一変させたのが、5回途中から救援登板した矢上 必顕投手(2年=郡山)だ。最速136キロながら数字以上の球威を持つ直球と、空振りを奪えるスプリットなどの変化球を駆使して、9回2死まで無安打投球を続けた。

9回2死から連打を浴びるも得点は許さず、4.2回を投げ2安打1四球無失点の快投。通算10登板目でのリーグ戦初白星に、「今まで勝てていなかったので、素直にうれしいです」と白い歯がこぼれた。

今秋は初戦の東日本国際大戦で開幕投手に抜擢されるも、3回7失点と結果を残せず。初回から5失点を喫し、「流れを悪くしてしまった」。前週の東北公益文科大戦でも先発したものの、またしても試合をつくれず2.1回7失点。チームは開幕5連敗と苦しみ、痛すぎるほど責任を感じていた。

この日はここまでの2試合でつくってしまったビッグイニングをつくらないために、ストライクゾーンに球を集めて四球を減らすことを心がけていた。実際、6回以降は与四球0でテンポ良くアウトを積み重ねた。

チームにとっても矢上にとっても大きな1勝を挙げたが、「秋の先発転向に向けて長いイニングを投げられるよう、夏は走り込んできた。本音は先発をやりたい」ときっぱり。まずは与えられた役割を着実にこなし、「どんな場面でもチームを勝たせられる、絶対的エース」を目指す。

山形大は初回に佐藤 樹外野手(2年=東北学院)の適時打などで2点を先制し、先発の鈴木 陸玖投手(3年=山形南)が5回2失点と粘投するも、中継ぎ陣が踏ん張れなかった。次週までに立て直し、最下位に沈んだ今春の雪辱を果たしたい。

(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード