News

24対15、0対7からの16対9など、全国各地で乱打戦が勃発

2023.09.26


中央学院vs東海大市原望洋スコア

この秋、全国各地の高校野球で乱打戦が多発している。

なんといってもすごかったのは24日、秋季新潟県大会決勝戦の日本文理vs帝京長岡日本文理が一時は22対1とリードを広げながらも、帝京長岡が怒涛の追い上げ。結局、24対15で日本文理が勝利を収めた。

秋季山口県大会準決勝の宇部鴻城vs下関国際の一戦は、11対10の打撃戦の末、宇部鴻城が勝利を収めた。その翌日、下関国際は3位決定戦で23対1の5回コールド勝ちを収めた。

25日、秋季千葉県大会の準々決勝2試合はどちらも打撃戦となった。千葉商大付が4本塁打など18対11で打撃戦を制した。中央学院vs東海大市原望洋の試合は、東海大市原望洋が2回に7点を奪ったが、中央学院がじわじわと追い詰め、7回に11点を入れるなど逆転。16対9の7回コールド勝ちを収めた。

チーム、個人ともにまだ未完成の秋の大会では、どうしてもこうした乱打戦は多くなるが、今後の試合ではどんな展開が待っているのだろうか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード