News

高校野球のスパイク事情に新たなトレンド?!負担軽減のポイントスパイクが人気アイテムに!

2023.09.29


(この記事にはプロモーションが含まれます。)

暑さ対策の効果もあるといわれる白スパイクが高校野球でも認められた2020年から早3年、今度はポイントスパイクが高校野球界で少しずつ注目を浴びるようになってきている。

既にNPBでは疲労軽減の観点から、一部の選手たちのなかで使っている人がいるほど、ポイントスパイクの需要は高い。金具スパイクと比較すると、地面からの反発が少なく疲労軽減に繋がっているのがその理由だ。

スポーツメーカー・ミズノの公式ホームページで公表されている独自調査によると、着地の瞬間に足にかかる負担は、ポイントスパイクの方が約10%軽減されているという。長いシーズンを戦うプロ選手にとっては嬉しい結果で、使い始められているのも納得できる。

流行に敏感な球児の中にもプロ選手の姿を見て、「興味が沸いてきたので使っています」という選手もいれば、「金具と比較すると、疲労や軽さが違うので使っています」と、ホームページを閲覧して仕入れた情報から購入するなど、にわかに人気が広がるトレンドアイテムになった。

事実、2023年の甲子園に出場したトップクラス選手が履いている様子を目にした。ほかにも各地の試合会場はもちろん、普段の練習でも見かけたことがある。選手らは、金具と遜色ないパフォーマンスが発揮できることを口にしていた。

「金具と変わりなくしっかりブレーキがかかって動きやすい。金具と遜色なく使えています」(選手A)
「一歩目をスタートするとき、金具と変わりなく動けます。地面をしっかり捉えられているので、足元を気にすることなくプレーできています」(選手B)

どちらもポイントスパイクにありがちな「滑る」といったグリップ力の低下を、あまり気にせず使えていることを主張している。加えて金具ではない分、スパイク自体が軽くて負担が少ない。毎日の練習で蓄積疲労が残りやすい高校球児にとって、メリットは多いようだ。

これからますます人気が高まることを予想して、各メーカーからも既に販売されているが、なかでもミズノは2種類のポイントスパイクを展開。走りやすさに焦点を置いたTPUシリーズと、安定感を大事にした∞(インフィニティ)シリーズである。

TPUシリーズは、スタッドと呼ばれるスパイクの歯を工夫することで、地面をかむようなグリップを実現。「二遊間を守っていますが、動きやすくて良いですね」と使っている選手から機能を実感する声も上がっている。

∞(インフィニティ)シリーズは、靴底(=ソール)の外側にスタッドがあるため、安定感が向上。 「オーバーランで止まりたいときに、しっかりブレーキがかかった」と選手から驚きの声が上がっている。

ポイントスパイクは高校野球で履いても大丈夫かどうか、分からないという人もいるため、全体で見れば、まだまだ着用が多くない。しかし、スパイクの多様性により、高校球児たちの新しい足元の姿の時代到来が確実に近づいている、と信じたくなるような嬉しいことばかりだ。ポイントスパイクが主流となる時代はいつやってくるのか。そんなトレンドにも注目しながら、これからの新しい高校野球に期待したい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>