試合レポート

【愛知】敗者復活戦 豊田 vs 西尾東

2023.08.21


細かく得点を重ねた西尾東が7回コールドで豊田を下す

<愛知県秋季西三河高校野球大会1次予選:西尾東9-2豊田(7回コールド)>◇20日◇敗者復活3回戦◇刈谷

県大会進出のためには、負けられない敗者復活トーナメントの3回戦。西尾東はこの秋の1次予選トーナメントの初戦では安城学園を下したが、3回戦では豊田大谷に敗れて敗者戦へ回ってきた。豊田は、1回戦で豊田北に敗れて敗者戦に回ったが、敗者復活1回戦で鶴城丘、2回戦では豊田西を下して勢いをつけての3回戦進出である。ここで勝って、何とか県大会進出を賭けた2次トーナメントに進出したいところである。

西三河地区は、中堅の公立校がしのぎを削り合っていて、その中からどう抜け出ていくのかというところも、毎年の各チームの目指すところとなっていく。かつて、何度かその混戦から抜け出た実績を持っているのが西尾東だ。今年も、そんな突出を目指している。

初回、西尾東豊田の先発下手投げの長谷川投手が乱調で立ち上がりから4連続四死球で、何もしないで1点を貰った形となった。さらに、代わった左腕・山本投手から、大山が中犠飛を放って2点目。

豊田も2回、5番・佐野と佐瀬、山本と下位打線が連打して1点を返す。

しかし西尾東は、その裏にも失策と四死球などで好機を作り、3番・磯貝の適時打などで2点。さらに3回にも3人目の左腕・大野投手に対して、2死一、三塁から1番・柴田の右越え三塁打で2点。4回にも4番・黒柳の二塁打と6番・細川の左前適時打などで2点を追加。細かく得点を重ねていった。

豊田も、5回に一塁に死球の走者を置いて2番・大野が左中間へ二塁打を放って1点を返して食い下がる。何とかコールドゲームを阻止したい豊田である。

しかし、6回の西尾東は、1死一、三塁で、この回から2番手としてリリーフのマウンドに立って8番に入っていた五日市投手が三遊間を破るクリーンヒットで7点差となる9点目が入った。そして、このリードを五日市投手が守り切って西尾東のコールド勝ちとなった。

五日市投手はまだ1年生だが、身長も180センチという本格派の大型投手で、投球フォームもしっかりしているという印象だった。一冬越えて、下半身強化などしていけば、さらにその素材が生かされていきそうだ。野田 圭佑監督も、「走り込みなどで下半身を作り、筋肉の使い方も覚えていけば、将来的には140キロを超えていく可能性もあると思います」と、その素材力の高さに期待している。

また、西尾東ではセンターを守るリードオフマンの柴田も、そのセンスの良さが感じられた。この日も、2つの四死球と右越え三塁打の後は、巧みなバント安打を決めるなど、2打数2安打で打点2と活躍した。

スコア的には快勝の西尾東だが、野田監督は満足はしていない。「豊田大谷に負けたのも影響しているのか、何となく、しっくりいっていなくて、まだチームが乗って行けていないという感じです。秋の新チームのスタートは難しいのですけれども、ここから試合を重ねていきながら、整えていきたい」と、先を見据えていた。

豊田は、安打数ではほぼ互角だったのだが、投手陣が四死球などで走者を出してしまい、その後に安打されるなどして失点が大きくなったことが悔やまれる結果となった。

 

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード